2017年11月12日 (日)

2017.11.12 女神のオイルレベルゲージを交換

先日、オイルレベルランプが点灯したので給油のためにディーラーに訪れたところオイルレベルゲージが破損していると報告を受け交換を奨められた。
なんでも、女神さまの2.0T-FSIエンジンはエンジン内の負圧が大きいらしくオイルレベルゲージが取り付け口にしっかりロックされていないとそこから空気を引き込む可能性がありエンジンの不調につながる恐れがあるとの事。
オイルレベルゲージをロックさせるのは2つの爪だが、その爪の1つが割れて無くなりロック出来なくなっていたのだ。
その様な訳で先日オーダーしてあったオイルレベルゲージを交換しました。
よく見るとパッキンを停める樹脂部分にもクラックが入っていました。
これが割れると割れた樹脂パーツとパッキンがオイルパンに落ちてしまいます・・危ないところでした。
細々なところに気をつけねばならないお年頃になった女神さまです。

交換前
Oillevelgage1_l

交換後
Oillevelgage2_l

| | コメント (4)

2017.11.11 近江八幡堀散策

週間予報で週末は雨だったのに前日の予報では明け方に雨が上がることになっていた。
これはクルマで何処かに出かけたい。
明日は所属するオープンカークラブの定例ツーリングがある。
参加表明はしていないので集合場所でお見送りして越前に向かうのも好いかな。
そろそろ新蕎麦の季節だし、そうしよう!
翌朝目覚めたら集合時間を過ぎてました・・。

どうしようかな〜あまり時間が掛からず気になる場所はと考えた結果、近江八幡の堀を散策することに決定。
ルートはR421で三重側から鈴鹿山脈を越えて滋賀に入り近江八幡に至る道だ。

永源寺ダム湖周辺の山が紅葉しています
Higashioumieigenji_l

山を降りてからは淡々と郊外を走り近江八幡の八幡堀に到着。

古い街並を抜け堀沿いに散策です
Oumihachiman1_l

Oumihachiman2_l

Oumihachiman3_l

Oumihachiman4_l

Oumihachiman5_l

Oumihachiman6_l

Oumihachiman7_l

歩いてお腹も空いたので遅めの昼食。
堀から少し離れウロウロすると良さそうな古民家カフェを発見。

Oumihachiman8_l

Oumihachiman9_l

近江牛かっぱ焼き丼を頂きました
Oumihachiman10_l

お腹も落ち着いたところで八幡堀に戻り散策再会です。

Oumihachiman11_l

Oumihachiman12_l

昼食後、暫く散策し近江牛のスジ煮込みをお土産に購入し帰路につく事に。
八幡堀はエリアとしては広くはないので、のんびり歩いてもそれほど時間は掛からず気軽に観光出来るのが好いですね。
次に近江八幡に訪れたときには水郷めぐりをしてみたいな。

駐車場に戻るとレアなクルマがいました
Oumihachiman13_l

| | コメント (4)

2017年11月 3日 (金)

2017.11.03 紅葉の飛騨をドライブ

今年は台風の影響で10月の週末は雨の日が多かった。
そして11月に入り最初の休日である文化の日は晴天となりました。
これはドライブするしかないでしょう!
向かったのは岐阜の郡上八幡と高山を結ぶせせらぎ街道。
郡上までは早朝の高速道路を楽しんで一気に・・とはならず一宮JCT近辺で渋滞に捕まりました。
やはり3連休初日で快晴なので出かける方が多い様です。
少々時間をロスしましたが、郡上八幡ICを降りて道の駅明宝で小休憩。
ここからは屋根を降ろしてオープンエアードライブの始まりです。
郡上八幡ではそれほど色づいていない山が高山に近づくにつれ橙や黄、紅にどんどん変わってゆく。
ややスローペースで走りながら紅葉と爽やかな空気を堪能。
高山市街の手前で引き返し往路で気になったポイントで紅葉と愛車を撮影しました。
10月に走った軽井沢での雨の紅葉も綺麗でしたが、やはり晴天の紅葉ドライブは愉しいね。

里山付近は空が開けいて気持ち好いですね
171003seseragikaidou1_l

| | コメント (2)

2017年10月22日 (日)

2017.10.14-15 オープンカー秋の軽井沢ミーティング 20th

O.P.E.N.主催のオープンカー秋の軽井沢ミーティング、通称「秋軽」に今年も参加しました。
今年はなんと20周年記念イベントです。
しかし開催日の天気予報は雨!どうなるのか・・。

前夜祭会場に向かう当日はなんとか雲空
Komagatakesa_l

秋軽はお泊まりミーティングなので、前夜祭前の観光もお愉しみのひとつです。
今回は昨年のNHK大河ドラマ「真田丸」で人気を博した真田家縁の上田城址に寄り道。

小一時間程散策を楽しみました
Uedajyoushi_l

上田城址を後にして遅めのランチを頂きに北軽井沢に向かいます。
到着した場所は何度か訪れている「嬬恋高原ブルワリー」。
ここはヨメのお気に入りで訪れる度にキャベツを使ったピザと美味しいビールを頂きます。
もちろんここで飲むのはヨメだけなので、毎回悔しい思いをしていますが。(爆)
数種類の生ビールが用意されていますが、ヨメがオーダーしたビールは「つまぶるリアルエール」。

運ばれて来た時にはグラスは細かな泡だらけ
Tsumagoikougennbeer1_l

暫く待ってこうなったら飲み頃です♪
Tsumagoikougennbeer2_l

美味しい料理に満足してお土産に缶ビールを購入。
ホテルのチェックインまでには少し早いので北軽井沢を観光します。
向かったのは美味しいミルクやチーズを提供している「牛乳屋」。

ここでソフトクリームを頂きました
Gyunyuya_l

お店を出た後は秋軽会場のグリーンプラザ軽井沢に向かいました。
チェックイン後は暫し部屋で休息。
その後は前夜際を楽しみ温泉に浸かった後は二次会に突入。
今回も参加メンバーが持ち寄ったお土産のお酒とデザートで盛り上がりました。

そして秋軽の本番は・・・早朝ツーリング準備のために早起きすると心配していた雨も降っていなくホテルからは浅間山も眺められます。
いそいそと準備を整え朝食を取ります。
当日のみ参加のメンバーも早朝ツーリングスタート場所に集合し簡単なドライバーズミーティング後に出発!

TRG途中に愛妻の丘で休憩
Aisainooka2_l

浅間山周辺も紅葉しています
Aisainooka1_l

早朝ツーリング後はタイムラリーのスタートです。
ラリー参加車両が全て出走後にパラパラと雨が降って来ました。
この後は降ったり止んだりの空模様でしたが無事タイムラリーも終了しランチミーティングの場で表彰式が行われました。
その後は会場で歓談し例年より早めですがイベント終了となりました。
1週間も前から雨の心配が続きましたが、はたして美しい紅葉の中オープンエアーツーリングも出来たし今年も大いに秋軽を楽しめました。
お相手頂いたみなさん、ありがとうございました。
会長並びにスタッフのみなさん、ご苦労様でした。
また、秋軽でお会いしましょう♪

白糸ハイランドウェイの紅葉は素敵でしたよ
Shiraitohw1_l

| | コメント (2)

2017年10月 3日 (火)

セイコー クラウン 21石

ある理由で国産オールドウオッチを探している時に程度の良さそうなセイコークラウンを見つけてしまった。
しかも、1962年製である。
自分のバースイヤーウオッチなのである。
そしてかわいいハマグリケースですです・・・買ってしまいました。
ダイアルに少し染みはあるものの腕に締めて眺める分にはとても綺麗に見えます。
また、ムーブメントは良い状態で竜頭での巻き上げも心地よい。
早速、この時計に似合うであろうチャコール色のベルトを用意して愛用しています。
また一つお気に入りコレクションが増えました♪

Seikoclown1962a_l_3

Seikoclown1962b_l_2

| | コメント (0)

2017年9月16日 (土)

オープンカー軽井沢ミーティングを浅間山で振り返る

今年はO.P.E.N.軽井沢ミーティング20周年。
それを記念して浅間山をテーマに振り返ってみる。

2003年の浅間山、これ以前は何故か浅間山を撮影していない
170916_asamayama2003_l

2003年はBMW Z3roadsterで参加。
このクルマはMTでBMWのスモール6を思う存分に堪能出来ました。
同じエンジンを積んだ3シリーズのATとはまるで違いこの当時の水冷P等と比べても回転落ちがすこぶる速い面白いエンジンでした。

2004年の浅間山、この年の噴煙は大きいな
170916_asamayama2004_l

2004年は大きな噴火があり警戒が必要と思われた年。
この年から秋軽サイトにハザードマップが掲載されたのかな・・たぶん。

2005年、秋軽で雪化粧の浅間山は初めて
170916_asamayama2005_l

冠雪した浅間山は綺麗だったなぁ。
前日に激しい雨が降ったのでミーティング当日がとても心配だったけど夜が空けたらこの通り。
素敵な早朝ドライブができました。

2006年、この年は暖かかった気がします(笑)
170916_asamayama2006_l

2006年はプジョー206CCで参加したなぁ。
206CCは本当に素敵なクルマでした♪

2007年秋軽の浅間山は雲がかかっていました
170916_asamayama2007_l

この年から女神さま(VW EOS)でミーティングに参加。
2017年の今年も女神さまで参加の予定です。
これまででもっとも永い付き合いの愛車となりました。

2008年、噴煙が夕日に映える
170916_asamayama2008_l

2009年、写真左中央の雲に注目
170916_asamayama2009_l

この年は早朝ツーリングスタート地点のグルーンプラザ軽井沢は厚い霧に覆われており爽快な早朝ツーリングは無理かなと思いました。
しかし、標高が上がりパノララインに到達するとそこには綺麗な青空が!
さらに浅間山の脇に雲海が眺められました。
すごく嬉しかったな!

2010年、秋らしい雲下の浅間山
170916_asamayama2010_l

朝起きてグリーンプラザ軽井沢の部屋から撮影した浅間山は「あぁ秋の浅間だなぁ〜」と思わせる風景でした。

2011年、爽やかな早朝の浅間山
170916_asamayama2011_l

2012年、この年から朝ツーの休憩は愛妻の丘になりました
170916_asamayama2012_l

ここから眺める浅間山も好いですね。
愛を叫びたくなるのも解ります。(笑)

2014年、この年は鬼押出し園から撮影
170916_asamayama2014_l

雲はかかっていましたが紅葉も感じられるこの一枚を撮ることができてよかったかな。
ミーティング当日は秋軽には珍しく雨の開催でした。
ちなみに前年の2013年は前日から雨だったので写真はない・・。

2015年、すこぶる好天の秋軽でした
170916_asamayama2015_l

2016年は天気は悪くなかったのですが、何故か浅間山の写真はない。
何故だ!

今年はできるなら浅間山の写真を沢山撮ろうと思う。
もちろん雲が掛かっていなければなのだが・・・。
写真が撮れるかはまだ分からないが秋軽を存分に愉しめることだけは解っている。
今年もオープンカー好きの皆さんに会える事が何より嬉しい。
みなさん、軽井沢(嬬恋だけど・・)でお会いしましょう!

| | コメント (2)

2017年9月10日 (日)

2017.09.09 飛騨古川ツーリング&ポタリング

O.P.E.N.の9月定例ツーリングに参加して飛騨古川をショートポタリングしました。
このブログのカテゴリーはミーティングなのにポタリングとは?というツッコミはなしで。(汗)

この日も好き天候に恵まれました
Hidafurukawaibushi_l

日差しは強いけど空気は既に秋のものです。
オープンで走るには半袖の上着では寒いので薄いウインドブレーカーを羽織りオープンエアを愉しみます。

みなさん気持ち良さそうです
K90c_l

先月にも見た様な・・(笑)
K90b_l

ここを下ると間もなく飛騨古川に到着です
K90a_l

到着後は参加者それぞれが自由に街を散策するのとランチを頂くので自由時間が設けられています。
そこで、持参したフォールディングバイクで古川の街をポタリング。
ツーリングの下見に訪れた時にここは自転車があるととても良いと思ったのでそれを実行。
自由時間は限られているので前回訪れたところは割愛して街並を愛でることに専念。
とは言ってもお腹は減るので先ずは早めのランチ。

今回はここで飛騨牛カレーライスを頂きました
Ichinomachicafe1_l

店内は落ち着く造りです
Ichinomachicafe2_l

街の中を流れる宮川沿いをのんびり散策
Miyagawa_l

白壁土蔵街に戻り愛車を記念撮影
Shirakabe_l

ちなみにこの自転車の愛称はコナちゃんです。
この様な古い街並散策にはコンパクトな自転車は役に立ちますね。
今回もコナちゃん大活躍です。

やはり最後は地酒を購入
Hourai_l

下見時に買った巫女ラベルの純米酒が美味しかったので、それとひやおろしの2本を購入。
自由時間終了後は他の参加者と共に最終目的地である道の駅「パスカル清見」に向け出発。

せせらぎ街道をのんびりとパレード
170909seseragikaidou_l

到着後はO.P.E.N.会長からの挨拶で散会。
コーヒー味のアイス最中を食べた後、帰宅しました。
今回はツーリングにポタリングにと一日楽しめたな。
企画頂いた幹事様ありがとうございました。
ご一緒したみなさん、また一緒に遊んでくださいね。

| | コメント (2)

2017年9月 3日 (日)

2017.09.02 ブラウンスイスに会いに行く

テレビの旅番組を観ていたら山陰地方にブラウンスイスという日本では珍しい乳牛を飼育している牧場が紹介されていた。
その乳牛のミルクで作るチーズはとても美味しいとのこと。
食べてみたいなぁと思うが、ここから山陰に行くには少し遠い。
そこでネットで検索すると長野県にブラウンスイスを30頭程飼いチーズ造りをしている牧場があるではないか!
これは晩夏の高原ドライブを楽しみながら行くしかないね。

蕎麦の花畑はこの時期の長野ならでは
Kisouma1_l

牧場への途中、甘ーいトウモロコシを道の駅で購入し蕎麦の花観賞の寄り道をしつつ野麦峠を越える。

野麦峠の午前10半の気温は15.5度でした
Nomugitouge1_l

岐阜県側から野麦峠を長野県側に越え少し走ったところにその牧場はありました。

清水牧場のチーズ工房
Shimizubokujyou1_l

そしてブラウンスイスはここから1km程先の放牧地に
Shimizubokujyou2_l

クルマを牧場の入口に停め坂を歩いて行くと柵から300〜500mほど先に牛が草を食んでいるのが見えました。
近寄ると多少警戒心は見受けられますが、ほとんど気にせずムシャムシャ食んでいます。
羊も居るとのことでしたが、更に山の高い場所に居るみたいで見かけることはありませんでした。

これがブラウンスイス
Shimizubokujyou6_l

頭の髪がなんかカワイイです
Shimizubokujyou7_l

のどかですね〜
Shimizubokujyou8_l

チーズ工房ではもちろんチーズを買いましたよ。
残念ながらミルクとヨーグルトはパス。
次回の楽しみにとっておきました。

購入その1 クワルク
Shimizubokujyou3_l

購入その2 プティニュアージュ
Shimizubokujyou4_l

購入その3 ウオッシュタイプの山のチーズ
Shimizubokujyou5_l

チーズは持ち帰ったその日に頂きましたが、どれも美味しかった!
また、機会があれば行ってみたい。
その時は羊にも会ってみよう。
その為にはトレッキングシューズを持っていかないとね。
ドライビングシューズで牧草地を歩くのは厳しかった。(笑)

| | コメント (2)

2017年8月28日 (月)

2017.08.27 飛騨古川をプチ散歩

オープンカー好きな集まりであるO.P.E.N.の9月定例ツーリングの下見に同行して飛騨古川をプチ散策しました。
今回の下見に集まったのは4台6名で会長と幹事を含めたメンバー。
そして、なんと今回下見に集まったのは全て4シーターのオープンカー!

カブリオレの集い・・優雅です
Michinoekihidafurukawaibushi_l

集合場所の東海北陸道瓢ヶ岳PAでの集合はなんと朝8時・・眠いです。
そこからは先ず目指したのは荘川ICで降りた直ぐ側にある道の駅「桜の里 荘川」。
ここには温泉施設があるんですよ・・・残念ながらお湯を頂くゆとりはありませんが。(笑)
その代わりにと言ってはなんですが・・・

朝取れのピュアホワイトというトウモロコシをゲット
Purewhite_l

このトウモロコシ、生でも食べられると道の駅に持ち込まれた農家の方に教えて頂きましたが帰宅後に早速茹でて頂きました。
そして、その甘さに大満足!ただし、粒が小さなところは糖度が低く歯応えが今一つの様なので買求めるなら割高と感じても大きなものを選ぶのが吉だと思われます。
まぁ〜割高といっても2本で360円くらいですから。
ちなみにシバタクは3本で300円のを買いました。(爆)

ここからは飛騨古川を目指し山道を快走・・とまではいかないけど快適にオープンエアードライブ♪

なんたって気温23度ですから
307cc_l

この日着ていたTシャツでは少し肌寒いかと思いましたがイオスの車中は快適。
風のあしらい方が優秀なので、とても気持ち良く走る事ができました。
流石、風の神を生んだ暁の女神さま♪

今回、最も優雅でスポーティーなカブリオレ
Alpina_l

会長のゴルフカブリオも気持ちよさそう
Golfcab_l

気持ち良い道を堪能しているとやがて飛騨古川の街に到着。
ここは、映画の「君の名は」で聖地として最近有名になり観光客が増えている飛騨の古い街。
今まで通過することはあったけど立ち寄って散策した事は無かった。
今回は観光ポイント付近の市が提供する駅近の無料駐車場にクルマを停め街並散策。
初めて散策する古川はとても新鮮に感じ、ここに来て好かったなぁ〜と思いました。

面積は広くないですが整備された美しい街並保存地区
Hidafurukawa1_l

飛騨の街によく見られる水利用がここにも
Hidafurukawa2_l_2

大きくて綺麗な鯉も多く観られます
Hidafurukawa3_l

素敵なご婦人がこの街並には似合います
Hidafurukawa4_l

酒蔵があるので酒好きには堪りません
Hidafurukawa5_l

もちろん酒蔵で日本酒を購入。
酒蔵に訪問して入手しないなんてシバタクにはありえません!
ちなみに上記写真は白真弓で古川を代表する日本酒蔵の一つ。
今回買い求めたのは上記酒蔵とは別の蓬莱。
いえ、決して巫女の萌えキャララベルが気に入った訳ではありませんから・・。(汗)

蓬莱MIKOラベル、美味いです
Houraimikol

短い街並散策を終えて下見参加者は昼食場所へ移動。
今回は蕎麦屋さんに訪問しましたがワタクシは盛り蕎麦をオーダー。
もちろん蕎麦汁で頂きましたがテーブルにあった黒岩塩でも頂きました・・そして、これが美味い!
硫黄の香りがする黒岩塩と古川の蕎麦はけっこう合いますね。
新鮮な発見でした。

飛騨古川、けっこうお薦めです。
高山観光する際は是非、古川も訪れてください。
個人的には高山の酒よりも古川の酒が好きかも・・あくまでも個人の趣向です。

飛騨古川を後にして一行は最終目的地の道の駅「パスカル清見」に出発ですが、シバタクは手前の高山で離脱。
早々に帰宅してクルマを洗い入手した日本酒を堪能♪
飛騨古川、高山ではなくここに泊まるのもアリかなと思わせる素敵な街でした。
今回、お世話になった皆さんに感謝です。
ありがとうございました。

| | コメント (2)

2017年8月19日 (土)

2017.08.10-15 久しぶりの南九州ツーリング4

8月14日 月曜日
今日は朝からしとしとと雨が降っている。
この日は帰宅に向け東へ移動するのだけど、自宅まで一気呵成に走るには体力気力が保てるか疑問だしちょっと観光したいこともあって倉敷に泊まります。
ただ、この旅とは別件の用事があったので午前中にそれを済ませるために福岡市に寄り道。
久しぶりに走る福岡市中心部の大きな交差点は歩車分離信号が進んでおり走り易くなっていたな。
その後は九州道〜山陽道で一路倉敷へ。
途中で結構な雨に降られたけど鹿児島でかぶった灰を流すのには良かった。
ホテルにチェックイン後は美観地区に向かい写真を撮り夕食を頂く。
適当にうろうろ徘徊して見つけた小さな居酒屋で愉しくディナーできました。
夕食後は夜の美観地区を撮影。

流石に明るいうちは散策する観光客が多い
Kurashiki1_l

日が暮れるとほぼ人の姿はなくなります
Kurashiki2_l

川面に映った蔵が好い感じ
Kurashiki3_l

散策する人はいませんが店の窓越から賑やかな笑い声が聞こえます
Kurashiki4_l

只のトンネルもここで観ると趣を感じる(笑)
Kurashiki5_l

夜の美観地区撮影を楽しんだ後はホテルに戻り就寝。

8月15日 火曜日
ホテルで朝食を頂き自宅に向け出発。
途中、京都付近で7kmの渋滞で20分程ロスしたがそれ以外はUターンラッシュに遭遇することもなく順調に帰宅。

今回の旅で走った距離は2700kmを越えました。
事故もなく無事帰宅出来た事が何よりです。
また、この旅でお相手頂いた皆さんに感謝です。
ありがとうございました。

| | コメント (0)

2017年8月18日 (金)

2017.08.10-15 久しぶりの南九州ツーリング3

8月13日 日曜日
今日で九州入りして3日目。
この日は熊本在住の旧友と南阿蘇を楽しむ予定。
待合せの九州道益城熊本空港ICに向け朝07:30に出発。
途中のPAで1回休憩し定刻通り待合せポイントに到着。
暫くして旧友も到着し再会を喜び合いつつも直ぐに出発!
以前、福岡に住んでいた時に何度か走ったお気に入りコースを友と共に走る。
何時来ても南阿蘇は走るのに好いね♪

阿蘇方面の眺望はいつ眺めても素敵です
Minamiaso1_l

旧交を温めたM氏のP911と女神さまの2ショット
Minamiaso2_l

山道では途中にペースメーカーがいたりしましたが、僅かでもオープンで走る事ができて嬉しかったな。
それなりに快走もできたし・・山を下りてからは早めにランチです。
阿蘇と言えば鶏や馬も美味しいので昼から焼肉をチョイス。

親鳥の歯応えがたまりません
Minamiaso6_l_2

馬もさすがに美味い!
Minamiaso7_l

もちろん牛も頂きました・・・食べ過ぎで苦しいです。(爆)
満腹になった腹を抱え旧友の憩いの場所で腹ごなしするために移動。
向かった先は川のせせらぎが聞こえるカフェ。
そこで、冷えたアイスティーを頂き暫しクールダウン。
お腹も気持ちも落ち着いたところで更に南阿蘇のゆったりとした時を楽しむためにアクセサリー工房&ショップ兼カフェに向かいました。

ここが心地良くてついつい長居してしまいました
Minamiaso3_l

そして自家製レモネードが美味しい
Minamiaso4_l

南阿蘇を満喫しまったりした後は熊本市に向かいM氏とはそこでお別れ。
再会を約束し本日宿泊する繁華街にあるホテルに向かう。
チェックイン後に少し休み日が落ちた街に繰り出します。
そしてやはり熊本といえばこれですね。

赤身・フタエゴ・たてがみの馬刺
Kumamotonight_l

いや〜美味いですね。
赤身の旨味、ふたえごの脂の甘さにたてがみは超あっさりのバターの様でどれも好い♪
付け合わせのオニオンスライスと一緒に頂くとどんどん箸が進みます。
そして九州ならではの甘い醤油が良く合う。
熊本に泊まった甲斐があったというものです。
さて、この後は熊本のバーに出撃です。
撃墜されない様に気を引き締め夜の街へテイクオフ。(爆)

| | コメント (2)

2017年8月17日 (木)

2017.08.10-15 久しぶりの南九州ツーリング2

8月12日 土曜日
前日の疲れと呑み過ぎ?で朝寝坊!
ホテルを出発したのは10時を過ぎていました。
この日は旅のメインに据えている霧島周辺のドライブ。
先ず向かったのは霧島神宮。
前日まで何かの行事があったのか飾りの提灯やそれを吊るした竿を片付けている最中でした。
本殿は巨木が茂る鬱蒼とした森にあり神話を感じさせるには十分な地でしたね。

駐車場から本殿までは歩いても直ぐです
Kirijimajinguu1_l

厠の屋根も苔むしていました
Kirijimajinguu2_l

さて、ここからは霧島神宮を後にして霧島山を反時計まわりにグルっとドライブです。
広域農道を中心にそこから交差して山へと向かう県道や脇道を気ままに走り風景を愉しみます。

美しい稲田が望めます
Miyamakirishimaroad5_l

霧島山を背景に佇む女神さま
Miyamakirishimaroad3_l

農道なので大きなラクターも走っています
Miyamakirishimaroad1_l

山へむかう道も雰囲気好いですね
Miyamakirishimaroad4_l

霧島温泉付近では山の斜面から蒸気が吹き出していました
Kirishimaonsen1_l

豊かな水量を感じさせる場所が道路脇の所々に
Kirishimaonsen2_l

霧島周辺を半日楽しんだ後は桜島経由で鹿児島市に戻ります。
途中、桜島では前走車の巻上げる砂埃ではなく灰埃に辟易。
それでも桜島フェリーに乗って桜島を見てみたかったんです。

念願かなって桜島フェリーから桜島を観賞
Sakurajimaferry_l

今日は前日と違い夕方早めに鹿児島市に戻れたのでお土産入手も兼ね早速天文館を徘徊。
某ブログの影響で鶏のもも焼きが無性に食べたくなったこともあり鹿児島丸万に訪問。
丸万といえば宮崎市だがここ鹿児島にもあるのだ。
お店に入りカウンターに着くなり先ずは生ビールをオーダー♪
そして、もも焼きと皮を注文・・・というか食べ物はそれしかない。

やって来ました鶏のももやき
Kagoshimanight2a_l

相変わらず美味いです。
焼けた表面部分を喰いちぎってはビールをグイッとあおるの繰り返し。

すると骨近くのレア部分が残ります
Kagoshimanight2b_l

そこで焼き直しをお願いするとこの様に
Kagoshimanight2c_l

もちろんレアで頂いても好いのですが表面をサッと焼き入れしただけなので中は暖かいレアが残っていて、これが美味いんです。
さて、次のお店に移動です。
向かうは定番の鹿児島ラーメン「こむらさき」。

鹿児島黒豚チャーシュー入り並盛
Kagoshimanight2d_l

豚骨だがあっさり感がありもも焼きを食べた胃にもストレスを感じさせずにスルスルとお腹に収まってゆきます。
完食しました・・ご馳走様。
お腹も大満足になったところで昨夜訪問したバーに連夜で向かいました。

天文館の夜はまだまだこれから(笑)
Kagoshimanight2e_l

だけど、今宵は飲過ぎない様にしなくちゃ・・。

| | コメント (2)

2017年8月16日 (水)

2017.08.10-15 久しぶりの南九州ツーリング1

今年の夏休みは大型連休になることが分っていたので九州旅行を計画。
折角なので走った事の無い霧島周辺を走り熊本の旧友に合い内之浦のロケット打ち上げ場を見たい。

8月10日 木曜日
仕事を定時で切り上げソソクさと帰宅。
出発準備を終え風呂で汗を流し軽い夕食を頂く。
22:00過ぎに名古屋の自宅を出発。
東名阪道に入ると早くも渋滞の表示が・・四日市から亀山を通過するのに40分かかるととのことだったので、四日市JCTから延長された新名神高速の東員ICに向かいそこから鈴鹿の山を越え名神高速の八日市ICへ渋滞回避。
ホッとしたのも束の間、吹田JCTから中国道へが渋滞で通過に50分の表示が!
仕方が無いので京滋パイパス〜第二京阪道〜近畿道〜阪神高速〜中国道と繋いで渋滞回避。
そこからは順調に九州まで走ることが出来ました。
初日からスケジュールに支障を来さずにホッと一安心。(汗)

8月11日 金曜日
夜中から明け方まで仮眠しながらも順調に走れたが時折強い雨にも遭遇。
どうやら東日本は雨模様らしい、しかし西日本は時折雨が降る事はあるが晴れ間も見える曇り空。
気温も高く暑い一日になった。
九州に上陸してからは九州道から東九州道で一路宮崎へ。
丁度お昼くらいに宮崎市に入ったので休憩。
この暑さと宮崎とくれば昼食は冷や汁と決めネットで検索した名店に訪問。

凄く出汁が効いて具沢山の冷や汁に満足
Miyazakihiyajiru_l_2

お腹を満たし次に向かったのはJAXA内之浦宇宙空間観測所。
一度、ロケットの打ち上げ場を見たかったんですね。
種子島の打ち上げ場を見てみたいのはやまやまですが今回は陸路で行ける内之浦に来ました。

イプシロンロケットの打ち上げ場
Uchinoura1_l

観測ロケットと衛星追跡センターのパラボラアンテナ
Uchinoura2_l

2時間程見学した後、鹿児島市に向かいホテルにチェックイン。
鹿児島市に泊まるのは16年ぶりくらいか・・・今宵のディナーは以前に何度か利用したおでんが美味しく特に牛スジが絶品のお店に決定。
お店の長いカウンターに座り早速おでんと焼酎を注文。

上から牛スジ・さつま揚げ・軟骨
Kagoshimanight1a_l

もちろんキビナゴの刺身も忘れません
Kagoshimanight1b_l

美味しい料理と地酒の後はウイスキーが充実したバーでバーテンダーとの会話を楽しみました。
そして杯がすすみ夜が更けて行く。(笑)

モルトバー「ダフタウン」好いお店でした
Kagoshimanight1c_l

| | コメント (2)

2017年7月15日 (土)

2017.07.08 夏の八ヶ岳清里ツーリング

O.P.E.N.主催の7月定例ツーリングに参加しました。

今回は走行姿を撮影して頂きました
Kiyosato1_l

東海地方からだと第1集合場所が中央自動車道屏風山PAなんだけど、目的地に向かうには恵那山を抜けるとても長いトンネルを走らなければならない。
トンネルの中での走行は騒音と異臭が辛い。
そこで、へたれな当方は第2集合場所までの中継ポイントである中央自動車道駒ヶ岳SAで合流することにしました。(笑)
合流後は屋根を降ろして高速をオープンエアードライブ♪
暑いかなぁと思いましたが、午前9時過ぎということもあり日差しも気温もピークには至っておらず意外や涼しく気持ち良く走ることができました。
しかし、伊那IC手前で渋滞と遭遇したため路面からの熱気を感じ停止時に屋根を上げ高速道を降りるまでは我慢の走り。
諏訪南ICで高速を降りて第2集合場所の「道の駅 信州蔦木宿」に向かうのですが道を間違えてルートを逸脱。
本来は国道を行くのですがカーナビのリルートに従いついでに屋根を降ろし山道を快走。
予定より少し遅れましたが愉しい時間が持てました。
道の駅信州蔦木宿からは甲信越&関東方面からの参加者と合流し八ヶ岳山麓を大回りして清里方面に向かいます。

八ヶ岳山麓で暫し休憩
Yatsugatakehatimakidourotemae_l

今回は走行姿を撮影して頂くサプライズがあり清里付近で一旦撮影準備を整え目的地であるサンメドウズ清里の手前で撮影して頂きました。
その後はサンメドウズでランチを頂きサントリー白州蒸留所までパレード走行し解散。

サンメドウズでは赤いクルマを並べてみました
Sunmeadows_l

予想された暑さもそれほどではなかったけど、しっかり日焼けはしました。(爆)
夏のオープン走行は長袖シャツの方がいいね。
幹事&スタッフのみなさん、ありがとうございました。
今回も愉しいツーリングでした。
参加されたみなさん、またご一緒しましょう。

オープンサイコー!(笑)
Kiyosato2_l

| | コメント (2)

2017年7月12日 (水)

秋軽2017のエントリー開始

もはや伝統のオープンカーミーティングと呼んでも差し支えない?
O.P.E.N.主催「秋の軽井沢オープンカーミーティング」のエントリー受付が開始されました。
シバタクはもちろんエントリーしました。
オープンカー乗りの皆さん、一緒に秋の軽井沢を満喫しましょう!

Img_0087


| | コメント (0)

«2017.06.17 空梅雨ドライブ