« 206CC 夏タイヤに交換 | トップページ | 静岡名物? たい焼き »

2006年4月 2日 (日)

F1 オーストラリアGP

ホンダのバトンがポールポジションから良いスタート!
あわよくば優勝も可能か!?
と思ったのもつかの間・・・1回目のセーフティカーが入った後の再スタートでルノーのアロンソにあっさり抜かれ最後にはゴール間近でエンジンブロー。
荒れたレースでしたが、やはり地力のあるルノー、マクラーレンが上位に来ました。
3位のトヨタ(ラルフ)はラッキーな感がありましたが、タイヤ問題に明るい兆しが出てきた結果なのかも。
開幕から3戦を見てルノーとメルセデスのエンジンは信頼性が高い印象を持ちました。
メルセデスは前評判が良くなかったにも関わらず良い実績を残してますから、本当に前評判はあてにならないですね。
今回はリタイヤして残念でしたが、マクラーレンのモントーヤが久しぶりにファイトしていたのが面白かった。

|

« 206CC 夏タイヤに交換 | トップページ | 静岡名物? たい焼き »

02 MEMO」カテゴリの記事

コメント

私も仕事の合間に最初だけチラッと見てました(^^♪
再スタートの際のバトン。。。『ヘタクソ~』と思わず言っちゃいました(笑
応援してるので頑張って欲しいのですがね(^^;

投稿: れお | 2006年4月 6日 (木) 12時28分

れおさん、見てましたかぁ。
荒れたレースでしたが、面白かったですね。
ホンダはたしかにタイヤ温度の問題を抱えていましたが、バトンはリスタートが下手ですよね!
たぶん、多くの人が「ヘタクソ〜」と叫んだと思います。(笑)

投稿: シバタク | 2006年4月 6日 (木) 19時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 206CC 夏タイヤに交換 | トップページ | 静岡名物? たい焼き »