« 日本一の水車 | トップページ | 今夜は熱帯夜!? »

2006年7月23日 (日)

グランデ・プント試乗

久しぶりにフィアットの試乗をしました。
試乗モデルはGrande Punto 1.4 16V Sportという名の小型車。
しかし小型車と言ってもグランデ・プントは今乗っているプジョー206より一回り大きいですね。
それにエンジンの排気量が1400ccなので活発な走りは期待していなかったのですが・・・嬉しいことにそれを覆す元気な走りっぷりでした。
もちろん低回転域でのトルクは大したものではないですが、6MTなこともあり4000rpm以上をキープするとかなりスポーティに走ります。
それに17インチのホイールを装着していたのに荒れた路面を軽くいなして行くところがスゴイ。
ボディの剛性感はプジョーを例にすれば206を遙かに凌駕して307レベルかな。
秋にはシーケンシャル(2ペダルMT)タイプのミッションを積んだ5ドアモデルがでるそうです。
このクルマ、VWポロへの対抗として競えるくらいのレベルになりつつありますね。
今後のフィアットから目が離せません。
060723

|

« 日本一の水車 | トップページ | 今夜は熱帯夜!? »

02 MEMO」カテゴリの記事

コメント

ご無沙汰してます。

グランデプント、デザインも好みなのでちょっと気になってます。
エンジンを回すのが大好きなので、小排気量に6MTというのもステキです。
イタ車ってスペックでは語れない魅力があるんですよねぇ。

投稿: ケロ | 2006年7月23日 (日) 22時11分

ケロさん>
そうなんです、スペックでは語れない魅力ってありますよね。
グランデプントは先代プントより個性的になったんじゃないかな。
話は変わりますが試乗と言えばケロさんのところの試乗記が充実してきましたね。
実は密かに楽しく読ませて頂いてまーす。

投稿: シバタク | 2006年7月23日 (日) 23時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 日本一の水車 | トップページ | 今夜は熱帯夜!? »