« 2005.05.05 越前蕎麦探訪 | トップページ | 2005.11.23 なか栗 »

2009年4月 1日 (水)

2005.07.09 飛騨牛を食す

岐阜県は飛騨高山に飛騨牛を食べに行って来ました。実は飛騨牛には十数年前にバス旅行で食べた思い出があるのですが、あまり美味しい記憶がありませんでした。そして現在に至るまで「あれは本当に飛騨牛だったのだろうか?」という疑念を持ち続ける事になったのです。そこで今回は確実に本物の飛騨牛を食べようと飛騨牛銘柄推進協議会が認めた指定店を訪ねる事にしました。指定店は幾つかありましたが飛騨牛ステーキの老舗である「キッチン飛騨」にてランチを食べる事に決定。当日の高山は生憎の雨模様でしたがお昼前に訪れたお店には既に数グループがテーブルが空くのを待っていました。僕も予約をしなかったために約30分程待つ事に・・・しかし、この時間はメニューを見ながら何をオーダーしようかと考えるのにちょうど良かったかも。さて、席に案内されオーダーしたのは肉質格付A4のシャトーブリアンヒレステーキ。セットのサラダもハムサラダにアップグレードしました。そして肝心のステーキはとても美味しく且つ今まで食べたどのヒレ肉とも違った肉の味わいが楽しめました。ステーキには赤味噌をベースとした甘辛のソースが付いてくるのですが、それを使う事を拒否するかのように塩胡椒が肉の味わいを最高に堪能させてくれます。はっきり言ってソースは不要です。また、他のテーブルでは見かけませんでしたが、シェフ自らがテーブルまで来て肉の説明とナイフの入れ方を説明してくれました・・シャトーブリアンをオーダーしたからなのか?はたして教えて頂いた通りカットして食べた後の感想はもっと食べたいの一言でした。それにしてもステーキなのにローストビーフのような焼き加減は素晴らしい!


飛騨牛シャトーブリアンヒレステーキ

A4steak_l

このサラダのハムも素晴らしく美味

Hamsalad_l

キッチン飛騨」は間違いなく飛騨牛を堪能させてくれます

Kitchenhida_l

|

« 2005.05.05 越前蕎麦探訪 | トップページ | 2005.11.23 なか栗 »

06 GOURMET」カテゴリの記事