« 2007.02.18 O.P.E.N.牡蠣オフ | トップページ | 2007.11.25 いぶりがっこ »

2009年4月 1日 (水)

2006.11.26 一鶴の骨付鳥

香川県は丸亀市名物の骨付鳥を食べました。頂いたお店は骨付鳥発祥の店、「一鶴」です。本店は丸亀市なんですが宿泊の関係で高松市のお店で頂く事になったこの鳥料理はなんともダイナミックというか野趣あふれると言ったら良いのか、とてもシンプルな料理でした。味付けは塩胡椒と数種?のスパイスを相当量掛けてあるのでかなりスパイシー、この味付けは名古屋の手羽先唐揚げに通じるものがあり僕には馴染みのあるものでした。さて、まずは親鳥を頂きます・・歯応えがあります。どのくらいかと言うとカブリッと噛み付き骨から引きちぎるようにして噛み切る!この時のパリッと焼けた皮の香ばしさ、そして身を噛み締めるとこれがブリブリとした感触でかなりの弾力、わざわざ切れ目を入れてあるのが納得できます。そんな感触を楽しみながら食べるとジュワァ~と旨味が口の中に広がります・・この美味しさはおやどりならではなのでしょう。次にひなどりを頂きました。こちらはとってもジューシーです。ひなどりというだけあって柔らかで肉汁の旨味が充ち満ちて美味しいですね・・これはこれでイケてます。このお店では是非おやとひなの両方を食べる事をお薦めします。何故かって両方を頂く事により、それぞれの個性が最大限に発揮されるからです・・・というか、こんな旨いものを両方食べないでどうしますか!というのが本音かな(笑)。まぁ兎にも角にもビールがめちゃくちゃすすむ美味しさです。最後にとりめしを頂いたのですが、お店の方によると皿にしみ出た旨味を含む肉汁&タレをとりめしにザッと掛けて食べるのが好いと教えてもらいました・・幸せ。


おやどり1人前

Oyadori_l

これが「ひなどり」、ジューシーでやわらかな歯応えはお子さまや御老体にも好評だと思います

Hinadori_l

折角、香川に行ったので映画「UDON」の丸亀ロケ地にある松井製麺所(撮影用セット)を見学しました

Matsuiseimenjo_l

|

« 2007.02.18 O.P.E.N.牡蠣オフ | トップページ | 2007.11.25 いぶりがっこ »

06 GOURMET」カテゴリの記事