« ストレスのプチ解消 | トップページ | 道路の走りやすさマップ »

2010年3月16日 (火)

308CCに6AT

プジョー308CCに6速ATが登場。
ついでに?エンジンパワーも140psから156psに向上。
EOSを買うタイミングにこれが出ていたら308CCを選んだかも?
デリバリーは夏頃だそうです。
207CCも6速ATになれば良いのにね。

100316

|

« ストレスのプチ解消 | トップページ | 道路の走りやすさマップ »

02 MEMO」カテゴリの記事

コメント

プジョー308CCはIS250C買う時にディーラーに行って試乗もしたことあります。
スタイルおしゃれですよね!

ただ見た目コンパクトに見えて全長全幅が意外と大きくて結構大きいなとのイメージです。

作りこみはさすがオープンを長年作ってきただけあって良かったですがエンジンパワーが
少し物足りなさを感じたのと燃費も排気量の割にそんなに良くなかったのが購入に至らなかったです。

投稿: かんぱのら | 2010年3月16日 (火) 07時51分

いやー、正直街で出会うと、スタイルで負けた~って思っちゃうんですよ。動力性能は、もう少し欲しいところですが、6ATならカバーできるかもしれませんね。アイシン製でしょうか。

投稿: 永尾 | 2010年3月16日 (火) 09時27分

かんぱのらさん>
そうですね、ちょっとアンダーパワーなのかな。
作り込みは流石です。
よくプジョーのCCがAピラーが頭上までありオープンエアー感が乏しいと言うモータージャーナリストがいますが、僕はその意見に異を唱えたいと思えます。
カブリオレの開放感は背後の何にも無さ感もしくは涼しさ感だと思うのです。
これはロードスターでは感じられない感覚です。
IS-Cもそうだと思いませんか。(^-^)b


永尾さん>
ホント、スタイルが最高です。
この辺りに独車と仏車のデザインに対するエモーショナルの違いがありますね。
407のミッションはアイシン製ですよね。
308もそうなのかな。

投稿: シバタク | 2010年3月16日 (火) 22時31分

かっこいいです。しかも6ATはなかなか惹かれますね。
昔中古の307CCを見に行ったんですが、ダッシュボードの本皮がはちけていて下のプラや接着剤がまるきり露出していたんです。そのまま乗るんですか?と聞いたら、ラテン車は細かいこと気にしちゃいけませんって言われドン引きして帰ってきました。売り物である以上、直したほうがいいんじゃないかと思ってましたが、これ以降、フランス車は見てあこがれるだけにしようと決意しました。
でもかっこいいんですよねー。釧路にも一台?307CCはいます。貴重なCC仲間です。(見ず知らずですけど)

投稿: くしろん | 2010年3月17日 (水) 11時18分

くしろんさん>
カッコイイですよね。
でも、ダッシュボードのレザーは剥がれちゃうんです。(笑)
僕ならダッシュボードはレザー張りじゃない仕様にします。
206CCのオフの時に同様な問題は聞いていましたから。

釧路でオープンカークラブを立ち上げたらきっと楽しいですよ。
そうそう、みんカラ「北からの風を受けて」もやってたんですね。
気が付かなくて申し訳ない!(^^;)

投稿: シバタク | 2010年3月17日 (水) 21時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ストレスのプチ解消 | トップページ | 道路の走りやすさマップ »