« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

2012年8月の21件の記事

2012年8月31日 (金)

くどき上手 改良信交 純米吟醸

亀の井酒造株式会社
〒997-0103
山形県鶴岡市羽黒町戸野字福ノ内1
TEL 0235-62-2307

111123_012a
111123_012b

| | コメント (0)

2012年8月30日 (木)

福岡市カワイイ区の区民登録しました

実は本籍も福岡市です。(^^)

120830

| | コメント (0)

2012年8月29日 (水)

やまとしずく 純米酒

秋田清酒株式会社
〒014-0801
秋田県大仙市戸地谷字天ケ沢83-1
0187-63-1224

111123_011a
111123_011b

| | コメント (0)

2012年8月28日 (火)

秋軽2012の宿泊予約をしました

まだ2ヶ月弱先の事ですが宿泊予定の方は早めの予約が吉。
秋軽2012の詳細はオフィシャルサイトを見てね。

2012_w500px_2

| | コメント (0)

2012年8月26日 (日)

2012.08.11 みそだき

福岡帰省旅行の途中に泊まった広島県呉市、目的は大和ミュージアムを見学する事だったのですがたどり着いた時には既に閉館時間。
翌日は宮島に渡り厳島神社を参拝し夕方には福岡に到着を予定していましたので今回は見学を断念。
しかし、実は呉宿泊の本命は別にありました。
それは老舗酒場の「鳥好本家」に訪れ鶏皮の味噌煮を頂く事。
以前、テレビ番組で視て以来ずっと食べたかったのです。

ここが呉の老舗酒場「鳥好本家」
Toriyoshitenpo_l

お店に入り着座するなり生ビールと鶏皮の味噌煮である「みそだき」を注文。
みそだきは常に熱く煮込んであるらしく生ビールとほぼ同時にテーブルに供されました。
先ずはビールをゴクゴクと音を鳴らせ飲み喉の乾きを潤します。
次にみそだき1本をつまみ上げると良く煮込まれた皮がフルフルと震え今にも串からずり落ちそうな気配です。
味噌タレが垂れ落ちるのを気にしながらそっと口に運ぶと、なんという柔らかさ!溶けてしまうのではないかという程です。
ここまで良く煮込まれた皮に出会ったのは初めてでした。
また、味噌タレの甘みとコクが見事で鶏皮の柔らかさと相まって何本でも食べられそうです。
みそだきはビールにも日本酒にも相性が良いのでお好みで唐辛子や和芥子で頂けば飽きずに一人で5本は軽いでしょう!
大和ミュージアムは見学出来ず残念でしたが鳥好本家さんのみぞだきを頂きすっかりご機嫌に・・そして呉の夜は美味い料理と酒で幸せに更けてゆくのでした♪

みそだきは串料理最高の逸品です
Toriyoshimisodaki_l

| | コメント (2)

2012年8月24日 (金)

無賃乗車?

無賃乗車?

帰宅途中の電車に乗車してきました。
もちろん説教して外に出してやりました。(笑)

| | コメント (2)

2012年8月21日 (火)

2012.08.15 福岡帰省旅行2012 帰宅編

3日間過ごした柳川の実家を後にして目指すは松山。
先ずは大分道で別府を目指す。
別府からはフェリーで愛媛県の八幡浜へと短い船旅を楽しみます。

潮の変り目でしょうか船上から豊後水道を撮影
Ehime_01_l

八幡浜に到着すると四国の友人が迎えてくれました。
ここから松山の手前までご一緒してくれるとの事、嬉しいですね。
早速、ランデブードライブです。
海沿いを走ったのですがとっても気持ちの好い道でしたよ。

国道375号の夕やけこやけラインをドライブ
Ehime_02_l

途中の長浜港では近代化産業遺産である長浜大橋を見学&走行し大満足。
日本で現在する可動橋としては最古だそうです。

長浜大橋、赤い欄干がいいですね
Ehime_03_l

次に海に最も近い駅、JR予讃線「下灘駅」があるということで、そこに向かいます。
駅に到着すると他にも見学の方が数名見受けられました。
また、見学者の中にはここまで鉄道で来られたのではと思われる方もいましたよ。
駅鉄なのかな?

海の直ぐ側にあり眺めも最高
Ehime_04_l

この先で友人とは別々の路を進みました。
長浜大橋や下灘へのガイドをありがとうございました。
今度は夜もご一緒して酒を呑み交わしましょう。

程なく松山市に到着しホテルにチェックイン。
部屋に荷物を運んだ後は一人で路面電車で道後温泉に向かいました。
ヨメは既に何度も行ったことがあるのでホテルで一休みだそうです。
到着した道後温泉本館は入浴待ちのお客さんで混雑してました。

道後温泉本館裏手から撮影
Ehime_05_l

座敷で休憩しての入浴は1時間以上待たねばならないので入浴は諦めました。
またいつかのんびりと入れる機会を待つとします。
しかし、この日もとても暑く汗を拭くハンカチも乾くのが追いつかない程。
そんな時はアレ、そうビールです。
都合良くお隣は道後麦酒館なのだ。
直ぐさま入店し先ずはマドンナビール(アルト)を1杯グゥと一口。
肴にじゃこ天を貰い2杯目は坊ちゃんビール(ケルシュ)を味わいました。

道後麦酒美味し♪
Ehime_06_l

すっかり気分を良くしレトロな路面電車にゆられホテルへ
Ehime_07_l

ホテルに戻ると今度はヨメと酒場に出かけます。
お目当てのお店は愛媛の新鮮な地魚を頂けるところに決定。

今宵は「海の幸 鯛や」でディナー
Ehime_08_l

1階が大きなカウンターで2階がテーブル席、3階が宴会場です。
ここで頂いたお魚はどれもとても美味しかったです。
惜しむらくは人気の魚は早めに品切れになるので予約が必要な事かな。

オコゼの造りも流石の美味さです
Ehime_09_l

魚もお酒も程よく頂き〆には鯛の土鍋ご飯(鯛飯)を頂きました。
先程食べたオコゼのアラはみそ汁で一緒に頂く事ができる嬉しいサプライズあり。
もちろん日向飯がお好きな方はそちらも用意されてますので御心配なく。(笑)
そんな嬉し愉しい松山の一夜は過ぎて翌朝は帰路に向かいます。

パーキングエリアで土産を物色しながらの帰路
Ehime_10_l

帰宅コースは渋滞を避けるため山陽道は使わず松山道、高松道、淡路島から兵庫、大阪へと入りました。

讃岐富士(飯野山)を前に眺めながらの快走
Kagawa_01_l

大鳴門橋もスイスイと快走
Tokushima_01_l

この後は大阪で1泊しヨメの友人と居酒屋で盛り上がり翌日は名古屋の実家で晩飯を食べてから東京の自宅に帰りました。
帰路の東名、新東名は共に渋滞無く日付の変わった後の入京だったのでETC深夜割引も利用出来てラッキー!
今回は往路で渋滞に翻弄されましたが、それでもやはり愉しい旅となりました。
お相手頂いたみなさんに感謝です。
ありがとうございました。
それに鞆の浦や道後温泉などこの先また訪れる楽しみが残せたのは天恵と思うのもありですね。

2012福岡帰省旅行記 完

| | コメント (7)

2012年8月20日 (月)

2012.08.12 福岡帰省旅行2012 滞在編

さて、お土産も購入し宮島口を12時に出発したのですが、ここまで走って来た往路をみてビックリ!
何キロも渋滞しています。きっと渋滞最後尾の方は夕方になっても宮島口に着かないかも?
それを横目で順調に高速道路入口を目指します。
ここからは山陽道、九州道と乗り継ぎ柳川に行くのですが、やはりここでも渋滞の波に飲まれました!(-_-;)
先ずは下関手前で15kmの渋滞、ここは下道で快適にパス。
そして関門橋から小倉までが渋滞していたのでここではやや混雑の関門トンネルを通りガラガラの北九州都市高速で渋滞を回避できました。
その先の久留米の渋滞は回避出来ませんでしたが事故に遭わず無事19時過ぎには柳川到着。

到着したら待ちかねていた義父義母と実家近くの居酒屋で晩餐です。
久しぶりに会う義弟とも生ビールで乾杯♪

有明海の夏の風物「クラゲ」が美味い
Yanagawa_01_l

美味い肴と酒で夜は更けその後は爆睡でした。

翌早朝、九州の友人と久しぶりに天草で会うためまずは待ち合わせ場所の熊本港に向かいます。
柳川からのルートは有明沿岸道路を使い玉名市まで快走。
玉名からは待合せ時間まで余裕があったので熊本県道1号線を使い熊ノ岳経由で向かいます。
途中に皇太子美智子妃殿下も御展望された峠で横島干拓地を眺めました。

干拓地がまるでパッチワークみたいです
Yokoshima_01_l

峠を越え熊本港に向かうと既に友人等は到着済み。
久しぶりの再会に握手を交わし暫し歓談です。

今回は天草へ3台4人がご一緒してくれました
Amakusa_01_l

全員集合後、信号色プラス1色の4台は天草を目指しますが・・・しかしここでも渋滞に遭遇!
お盆をなめちゃイケませんね、海水浴客も含めかなりの混雑です。
そんな渋滞の中、並走するローカル線(三角線)で列車を待つ美人を発見♪
すかさず1枚撮影しました。
その数分後、「A列車で行こう」や普通列車が行き交いましたので彼女はそれに乗ったのでしょうか。

ローカル線の風景が渋滞のイライラを癒してくれました
Amakusa_02_l

なんとか渋滞も抜け海の見えるレストランでランチを頂きました。景色も良く料理もリーズナブルで満足。
食後はプチツーリング、しかしやはり混雑は相当なものだったので当初の予定を変更し短縮ルートを選択。

観光地の三角西港も通過です(:_;)
Amakusa_03_l

しかし、戸馳島から見る八代海(不知火海)は美しかった!まさに夏真っ盛りって感じです。
暑さのためか遠く海の向こうに見える八代の街がまるで蜃気楼の様に揺らいでいました。

天草に来たなぁと実感
Amakusa_04_l

天草を出た後は熊本のカフェで歓談し名残惜しいけど皆さんと再会を約束しお別れしました。
ご一緒して頂いたみんさん、ありがとうございました。
また、一緒に走りましょう!

魅力的なテールのZ3クーペとRHTを持つZ4
Amakusa_05_l

柳川へ帰った後は柳川名物の鰻のセイロ蒸しで晩餐です・・幸せ。

この特徴ある旨さは蒸篭ならではですね
Yanagawa_02_l

鰻を頂きお酒もポン酒、ビールともう結構と思うまで飲んで爆睡です。
柳川の夜は早いのだ。(笑)
翌朝はのんびり起きて朝からテレビでローカル番組三昧。
お昼には福岡ならではの柔らかな優しいうどんを食べに出かけました。
この地方のうどんは好みではない方もいるでしょうが僕は好きです。
時々、ごぼうの天ぷらを乗せたうどんが無性に食べたくなりますね。

「土俵うどん」でごぼう天肉うどんを食べました
Yanagawa_03_l

明日は別府からフェリーに乗って愛媛に上陸です。
続きは帰宅編にて

| | コメント (5)

2012年8月19日 (日)

2012.08.11 福岡帰省旅行2012 出発編

年に1度の夏休みそれともお盆休みか。まあどちらでも構わないが今年は9日間という稀に見る長期で休暇が取れる事になった。
そこでヨメの実家がある福岡県柳川市にクルマで帰省旅行する事に。
東京からクルマでの帰省は以前経験しましたが前回の経験を基に福岡までの間で1泊して少し観光する事に決定。
何たって行程の13時間中11時間を運転しましたから疲れたのなんのって!
そこで今回は広島県呉市に泊まることにして途中で北前船の寄港地でもあり映画「崖の上のポニョ」のモデル地になったと言われる鞆の浦に寄港することにしました。
そんなこともあり夜中0時と言えどウキウキと出発!首都高から東名・新東名高速に入ったところまでは順調に走行出来たんですが三ヶ日JCTから25kmの渋滞に突入。渋滞を脱出した頃にはすっかり夜が明けてました。(汗)
このペースだと鞆の浦に着くのは昼頃かなと思ってたら大間違い!この後も東名阪道で18km、名神高速で20km、中国道で20km、山陽道で15km、その他にも散発的に短い渋滞箇所が幾つもあり鞆の浦近くの福山にたどり着いたら時計の針は15時を回ってました。(-_-)
この時点で既に運転時間は13時間を越えており流石に疲労を感じ観光を諦め呉に直行することにしました。
結局、呉に着いたのは17時を過ぎてましたね。
そんな訳で呉までの写真は撮らずじまい。(爆)

やっと呉に着いた〜!呉と言えばコレでしょ。
海のくじら館、しかし既に閉館時間でした。(T_T)

AKISHIO-SS579
Kure_01_l

大和ミュージアムも閉館時間!仕方が無いので館外の施設を見学すると造船所で大きな船を造ってました。

大和波止場は戦艦大和の前甲板左半分を実物大で表現
Kure_02_l

波止場を散策後にホテルにチェックインしちょいと一休み・・な、訳はなく腹も空いたので喉を潤し空腹を満たすため早速酒場へGO!
以前から寄ってみたかったお店に入りまずはビールでヨメと乾杯♪
激しい渋滞の中、事故に遭わず無事1日目を終えた事を祝いました。

呉の老舗酒場「鳥好」で2杯目はポン酒です♪
Kure_03_l

このお店は何を頼んでも美味いのですが、やはり屋号にある様に鳥関係がお奨めです。
代表的な鳥料理は別に記しますがそれ以外の絶品料理を紹介。
鳥の皮を串刺しにし天ぷらにしたものですが、これが美味い!皮なのに食感はコリコリとして衣のサクサク感と相まって実に旨いです。

これがその一品「かわ天」
Kure_04_l

旨い料理と酒を頂いたお店を出てホテルに向かうと河に牡蠣船が浮かんでました。

こんな処で食事を頂くのもイイネ
Kure_05_l

明けて翌日は宮島に渡り厳島神社を参拝してから福岡に向かいます。
朝食をたっぷり取り出発。
宮島口まで1時間弱で着くかなと思ってましたが、やはりここでもお盆の洗礼である渋滞が少しあり1時間ちょっと掛かり到着。
既にフェリー乗り場近くの駐車場は満車でどうするかと考える為、お持ち帰り牡蠣屋の前に停車したところ牡蠣屋の方が駅の西側に空いている駐車場がある事を親切に教えてくれ道順まで示してくれました。
おじさん有難うございます。
無事、駐車場にたどり着き難なく駐車。
ここからフェリー乗り場に歩いて向かいます。

フェリー乗り場は駅から地下道で直ぐです
Miyazima_01_l

宮島に到着後、真っすぐ厳島神社を目指しました。
厳島神社は噂に違わぬ美しさですが満潮なら更に美しいでしょうね。

干潮時は歩いて鳥居まで行けます
Miyazima_02_l

本殿も素晴らしい美しさでした
Miyazima_03_l

この後、宮島を後にして福岡に向かいます。
もちろんお土産はもみじ饅頭に決まりですね。

こちらのもみじ饅頭は美味いですよ〜
Miyazima_04_l

続きは滞在編にて

| | コメント (4)

2012年8月16日 (木)

大阪は千里で天満ハイボール

大阪は千里で天満ハイボール


ちと甘いかな?
次は角ハイボールにしまーす♪

| | コメント (2)

2012年8月15日 (水)

道後温泉も渋滞

道後温泉も渋滞

めげます…お隣の道後麦酒館で汗も流さずビール♪

| | コメント (2)

プチ船旅

プチ船旅

今日は九州から四国へ3時間の船の旅。海を眺め飽きた頃に到着です。

| | コメント (0)

2012年8月13日 (月)

柳川はやっぱり

柳川はやっぱり

これですね!
久しぶりの鰻セイロ蒸し。
美味し♪

| | コメント (3)

2012年8月12日 (日)

渋滞にめげず観光を!

渋滞にめげず観光を!

今日は宮島へ渡り厳島神社に参拝出来ました。
これで日本三景制覇です♪

| | コメント (0)

2012年8月11日 (土)

ニューレコード!

ニューレコード!

何の新記録かというと一日の運転時間記録です。
お盆の渋滞をナメてました。
お蔭様で15時間突破のニューレコード。
今日は全く観光出来なかったなぁ。
そんな日は美味い酒で締めくくるに限ります。
(^O)=3

| | コメント (3)

2012年8月 9日 (木)

秋軽2012のエントリー受付開始しました

オープンカーの祭典「秋のオープンカー軽井沢ミーティング」のエントリー受付が始まりました。
今年も爽やかな秋の軽井沢を満喫しましょう♪

120809

| | コメント (0)

2012年8月 8日 (水)

デビルズテール

クルマ好きの方は腕時計好きでもあったりする場合がありますよね。
僕の知人にもけっこういらっしゃいます。
かく言う僕も好きです。(笑)
ただし高価なものではなくもっぱら手頃なオールドウォッチだったりします。
写真の腕時計も骨董市で見つけ購入したもので値頃な価格でした。
この腕時計を見つけた時、秒針のデザインはきっとアローなのでしょうが僕には悪魔の尻尾みたいに見えたんですね。
それでどうにも魅入られてしまい手に入れたって訳です。
売られている時にはケースも擦り傷が目立ち風防も曇りがちでしたが研磨剤で磨いたら綺麗になりました。
ムーブメントもオーバーホールし今は快調にコチコチと良い音を奏でています。
時にどうしても気になるデザインってありますよね。

*その後、秒針のデザインを気にしてネットを見ていたらこのデザインは1950年代のシチズンセンターセコンドによくある事が分りました。同年代のセイコーには見られないので写真のマーベルはシチズンの針を組み込んだ可能性があるのかも。

1957年製セイコーマーベル
120808

| | コメント (0)

2012年8月 7日 (火)

酔鯨 秋あがり 純米吟醸

酔鯨酒造株式会社
〒781-0270
高知県高知市長浜566
TEL088-841-4080

111123_010a
111123_010b

| | コメント (0)

2012年8月 5日 (日)

米鶴 かっぱの子分 純米吟醸

米鶴酒造株式会社
〒992-0301
山形県東置賜郡高畠町二井宿1076
TEL0238-52-1130

111123_009a
111123_009b

| | コメント (0)

2012年8月 4日 (土)

2012.08.04 女神は6年目に入ります

我家のVW EOSは2回目の車検となり6年目に突入です。今回の点検でも不具合はなく消耗品関係の交換とこちらからリクエストしたDSGのオイルとブレーキオイルの交換くらいですんなり車検を通りました。ただしリヤサスペンション右側のショックアブソーバーのオイルシールがヘタリ気味なので秋にサードパーティーのパーツに交換予定。また、ダイヤフラムタイプからピストンタイプに交換しようかと考えていたディバーターバルブも点検の結果キズや破れも無く既に対策品が装着されている事もあるので今回は見送りました。オプションとしてはボディコーティングのメンテナンスを追加しました。
そんな訳で今も快調な女神さまです。来週にはロングランを予定していますが快適なドライブを楽しめる事でしょう。

請求金額は税金を引いた価格です
120804_eos1_l
120804_eos2_l

高原を気持ち良く走る女神さま
120708_eos_l

| | コメント (0)

2012年8月 3日 (金)

四季桜 純米吟醸

宇都宮酒造株式会社
〒321-0902
栃木県宇都宮市柳田町248番地
TEL028-661-0880

111123_008a
111123_008b

| | コメント (2)

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »