« 2013.09.01-02 行くぜ!北海道♪ 旅立ち&道南編 | トップページ | 2013.09.04 行くぜ!北海道♪ 道北富良野編 »

2013年9月10日 (火)

2013.09.03 行くぜ!北海道♪ 道央編

北海道上陸2日目。
朝05:00起床、06:00にホテルを出発。
今朝の空もどんよりとした雲が広がっている・・・予報では曇り時々雨だ。
気を取り直してEOSを道央自動車道大沼ICに向け走らせる。
途中マクドナルドに寄って腹を満たし美味くはないコーヒーで眼が覚めた。
道央道を順調に走り長万部ICを降りR5、d268と走りニセコを目指す。
それは今日の目的の一つであるニセコパノラマラインを走るためだ。
d268は広くはないが快適な山岳路でニセコパノラマラインの新見峠付近に接続する。
峠の手前では眼下に岩内町と日本海が眺める事ができた。

曇りだが好い眺めだ
130903a_l

さて、晴れていたらニセコパノラマラインを羊蹄山を前方に景色を楽しみながら下るのだが、生憎低く雲が掛かっており絶景とはいえなかった。
道そのものはなかなか良く楽しいワインディングロードと言えるが、小雨で路面が濡れていたので楽しむことは控えた。

ニセコパノラマラインから羊蹄山方向を観たところ
130903b_l

ニセコの街に降りここからは再びR5を走り余市を目指す。
そう、余市にあるニッカ余市蒸留所を見学するためだ。
午前11時くらいに蒸留所に到着。
受付で見学手続きを済ませしばし工場敷地内を写真撮影散歩。
見学は20名程の団体客と同じグループとなりましたが案内してくれた方の適切な誘導により滞り無く終了。
最後はレストランで試飲となりましたが、クルマを運転する自身はお酒の試飲はできないので悔しかったなぁ。
そこで原酒(シングルカスク)直売所に赴き5年、10年、15年、20年、25年熟成の原酒の香りを嗅がせて頂きました。
その香りはやはりそれぞれ異なりどれも魅力的でしたが活性樽を使用したかなりスモーキーな25年熟成と華やかな香りを楽しむ事が出来るシェリー樽を使用した15年熟成をそれぞれ1本購入しました。

モルトギャラリーには色の違いが分る展示物がありました
130903c_l

試飲断念は残念だけど知識欲と好奇心は満たされ約1時間の見学を終了し次の目的地である小樽へEOSを向かわせます。
余市から小樽へはd956(フルーツ街道)で約1時間のドライブ。
d956は特に楽しくもないが信号が少なく快適ではあります。

小樽では定番の運河近辺を散策
130903d_l

ここでも小雨に降られましたが滞在時の8割りは止んでくれてラッキーでしたね。
ここではランチに天ぷら屋で定食を頂いたのですが、観光地にありがちな残念感はなく好い出来に満足♪てんぷら石水(小樽出抜小路店)さんご馳走様でした。
今日のランチもご機嫌で小樽を出た後は本日の宿泊地である札幌を目指します。
札幌市へは少し馴染みがあり昔お世話になった場所へ向かってみました。
もちろん、27年程も前のことなので今や昔の面影はなく建物など風景は変わっていました。
それでも宮の森や大倉山のジャンプ台を懐かしく眺めてからホテルに向かいます。
途中今回2度目のガソリン補給をし28リットルが入りました。
ホテルでは明日の天気予報を確認・・北海道は全体的にどこも雨模様です。
さて明日は何処に向かうか?雨でもそれなりに楽しめるという条件で夕張、富良野経由で旭川泊に決定。
早速宿の予約をインターネットで完了し明日の寝床の憂いを払拭。
今晩の宿はすすきのにあり晩飯に出かけるのに好都合です。
さて、何を頂こう?やはりここはベタにジンギスカンに決定。
すすきのでジンギスカンといえばやはり「だるま」は外せません。
そそくさとホテルを出て小雨降る街を歩きだるま本店へ向かいます。

元祖ジンギスカンだるま本店
130903e_l

時刻は17:40くらい、ディナーには早いので並ぶことも無く入店出来ました。
とは言っても当方が座席に着いた後は1席のみしか空きはありません。
だるまの座席はカウンターのみですので1人客も入り易いですね。
席に座るなり生ビールを注文♪そして・・・

黙っていてもこれがセットされます
130903f_l

肉は自分で乗せますがタマネギとラードはセット済み
130903g_l

そう、ここには肉の種類なんてメニューに無いのだ。
そして一見堅そうな焼具合だが実は柔らかくて美味い!(焼き過ぎに注意です)
肉汁を吸ったタマネギも激ウマ♪
焦げたネギもイケてます♪
ただし、肉から流れ出て鍋の端で弾ける油で腕をヤケドしない様に注意が必要です。(笑)
そして、生ビールお代わり!(喜)
やっぱり、肉もお代わり!(嬉)

ふ〜っ喰った喰った♪ご馳走様でした
130903h_l

満足し店外に出ると行列が出来てました。
この方達も数十分後には煙に燻され満面の笑みを浮かべていることでしょう。
さて、お腹は満足したが余市での残念感は拭えません。
そこでザ・ニッカバーに出撃!
ザ・ニッカバーはニッカとの資本関係は無いらしいけどオーナーがニッカ大好きで余市蒸留所からシングルカスクを仕入れしている唯一?のバーらしい。
期待しながら入店すると先客が1人のみ。
夜未だ浅いので店内は静かでバーテンダーとの会話も楽しみ易い。
カウンターに案内され余市で試飲出来なかったなどの話しをしたところ扱っているシングルカスクのボトルを眼前に並べてくれました。
そこで、先ずはシングルカスク20年をチョイス・・・素晴らしくスモーキーな香りと深い味わいが素敵です。
ブルゴーニュタイプ?の大きなワイングラスで供されるので香りがとても良く分ります。
次にシングルカスク10年をチョイス・・・味わい豊かだが香りはやや眼に染みる感じか。
その後はニューヨークと何時もつい頼んでしまうブラックルシアンというカクテルを楽しみました。

余市シングルカスク20年熟成
130903i_l

店を出ると街角にはニッカの電飾看板が輝いていました。

札幌に来たなと妙に実感
130903j_l

明日は富良野、今夜は早く寝ることにしよう。
北海道2日目も充実した日だったなぁ・・・Zzz(´△`)Zzzz・・・。o○

|

« 2013.09.01-02 行くぜ!北海道♪ 旅立ち&道南編 | トップページ | 2013.09.04 行くぜ!北海道♪ 道北富良野編 »

05 TOUR」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 2013.09.01-02 行くぜ!北海道♪ 旅立ち&道南編 | トップページ | 2013.09.04 行くぜ!北海道♪ 道北富良野編 »