« まさか在庫がないとは・・・ | トップページ | 2014年 春の里山ドライブ »

2014年4月12日 (土)

2014.04.12 女神のハートを新たにサポート

我家のVW EOSも走行距離が8万キロを越えそろそろアンチエイジングの時期になった。
そこで気になるところを観察すると・・エンジンが冷えていると僅かだが停止時にフロアの振動が大きい様な気がする。
ただそんな気がするだけかもしれないが10万キロを迎える頃にはエンジンマウントのゴムはかなり痛んでいると思う。
そんな不安を抱えながらロングドライブをするのはとてもツマラナイ。
それに女神さまには少なくとも12万キロ以上はお付合い頂く予定。
ならば、ここでお布施を奮発しても良いかなと思った訳である。
また、エンジンマウント交換と同時にフロントロアアームのブッシュとコントロールアームのブッシュを交換。
コントロールアームのブッシュはアウディA3のものを使用。
更にディバーターバルブを対策品のピストンタイプに交換しました。
これでフロントのブッシュ類はスタビライザーを交換すればほぼ新車の様な感じになりますが・・それは次の機会に。
リヤ周りのブッシュ類の交換もやりたかったのですが、夏の車検時にタイミングベルトやウォーターポンプ、ドライブシャフトブーツの交換が控えているので予算不足理由で1年後に予定。
でも、出来れば早期に交換したいなぁ。

交換後にブッシュ類を比較してみるとやはり経年変化には抗えずそれなりに痛んでいる様でした。
後2万キロ走る間に一部ひび割れる可能性はありそうです。

さて、エンジンマウントやブッシュを交換した後の結果は・・・振動についてははっきりとした違いは判りません。
しかし、コントロールアームの違いはけっこう判り易いものでした。
そう、何と言うかやはりVWのAudi化という事なんでしょうね。
低速時にはけっこうステアリング入力にクイックに反応し気持ち良く新鮮な感じを得られました。
これで更に数年間は気持ち良く女神さまとお付合い出来ますね。
まだまだアンチエイジングプログラムは残っているけれど。(笑)

それにしてもパーツが早く届いて良かった。

今回交換したマウントとブッシュ類
140412_eosbusshu_l

|

« まさか在庫がないとは・・・ | トップページ | 2014年 春の里山ドライブ »

11 VW EOS」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« まさか在庫がないとは・・・ | トップページ | 2014年 春の里山ドライブ »