« 2015.08.09 O.P.E.N.9月定例TRGの下見TRG | トップページ | シチズン デラックス 19石 »

2015年8月13日 (木)

2015.08.12 有峰林道探訪

有峰林道、それは若かりし頃にモーターサイクルでツーリングを楽しんでいた頃から憧れの有料道路。
しかし、住んでいる場所からはそれなりに遠く微妙に高額な料金ということもあって他の有料道路や名道に比べ探訪優先順位が高くなく行ったことの無い道の一つでもある。
今回は岐阜県側から飛越トンネルを抜け東谷ゲートから入り湖岸道路を走り亀谷ゲートに向かうルートで探訪を実現できました。
そこで、備忘録として有峰林道走行記録を画像で紹介。

有峰林道へアプローチする前に道の駅「スカイドーム神岡」で小休憩
Arimine01_l

ニュートリノ観測に使われる光電子増倍管が展示してありました
Arimine02_l

シバタクはこちらの方に興味が・・(笑)
Arimine03_l

道の駅を後にして山道に入ります。
岐阜県飛騨市神岡町を走るR41から岐阜県道484号に入るのですが、この道は有峰林道東谷ゲートとの間にある山之村集落まで1.5車線が続きますから対向車に注意が必要です。

山之村集落との中間にある伊西トンネル
Arimine04_l

ここでの気温はなんと21℃
Arimine05_l

空が曇りがちということもあり屋根を降ろしオープンで走っていると涼しさより寒さを感じました!
さて、山之村集落を過ぎ快適な2車線道路となり東谷ゲートを目指します。
東谷ゲート直前に飛越トンネルがありましたので、ここで記念撮影。

トンネルに表面?が木製の扉がありました
Arimine06_l

振り返ると飛騨の山々の絶景
Arimine07_l

飛越トンネルを抜けるとそこは有峰林道です
Arimine08_l

料金所を通り東谷線、南岸線と多少の段差はあるものの2車線道路を快適に走ります。
しかし、有峰湖が大きく望めることはなく景観は好くありませんでした。
湖岸の西岸線に入ると道幅は1.5車線となりますが路面状況は悪くありません。

西岸線には白樺の森がありました
Arimine09_l

有峰湖に写る薬師岳
Arimine10_l

西岸線から有峰ダムを渡り東岸線に入る手前に交互通行のため信号機がありました。
ダム上の道路ではゆっくりと走りダムと景色を堪能。

有峰ダムを下流側から撮影
Arimine11_l

展望台にて休憩
Arimine12_l

ダムと有峰湖が一望できます
Arimine13_l

ここで途中コンビにで買ったおにぎりを頬張り暫し寛ぎました。
この後は折立線を往復し小見線を走り亀谷ゲートから出て富山市経由で高速を使い帰路につきました。

この日の走行は約530kmでした
Arimine14_l

それにしても下界は暑いな。

|

« 2015.08.09 O.P.E.N.9月定例TRGの下見TRG | トップページ | シチズン デラックス 19石 »

07 CAR ETC.」カテゴリの記事

コメント

涼しい山道をオープンカーで走る。
イイなぁ〜(^^)羨ましいデス。

投稿: 赤BORA | 2015年8月13日 (木) 17時50分

有峰林道は、地元の道ということもあって、思い入れのあるワインディングロードです。
夏は特にイイですよね〜久しぶりに走りたくなってきました。

投稿: 1059 | 2015年8月13日 (木) 22時35分

赤BRAさん>
本当に涼しくて気持ち好かったです。
薬師岳への登山口には登山客のクルマが駐車場をはみ出して路上駐車してました。
登山大人気ですね。
登頂すれば凄い絶景が見られるんだろうな。

投稿: シバタク | 2015年8月15日 (土) 10時08分

1059さん>
好いところですね。
路面が想像したよりも良くて驚きました。
観光客も少なく、のんびりできて暫し惚けるには最高ですね。(笑)

投稿: シバタク | 2015年8月15日 (土) 10時15分

いいですね。
最近ツーリングが無くて、欲求不満です。

投稿: tompapa | 2015年8月22日 (土) 21時36分

tompapaさん>
昨夜は星空が見たくて三重県の熊野市に夜に出かけ明け方に帰ってきました。
熊野は肉眼で天の川が綺麗に見えましたよ!
たまには晩酌を抜いてナイトドライブに出てはいかがでしょう。
(^^)

投稿: シバタク | 2015年8月23日 (日) 23時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 2015.08.09 O.P.E.N.9月定例TRGの下見TRG | トップページ | シチズン デラックス 19石 »