« 2017年8月 | トップページ | 2017年10月 »

2017年9月の3件の記事

2017年9月16日 (土)

オープンカー軽井沢ミーティングを浅間山で振り返る

今年はO.P.E.N.軽井沢ミーティング20周年。
それを記念して浅間山をテーマに振り返ってみる。

2003年の浅間山、これ以前は何故か浅間山を撮影していない
170916_asamayama2003_l

2003年はBMW Z3roadsterで参加。
このクルマはMTでBMWのスモール6を思う存分に堪能出来ました。
同じエンジンを積んだ3シリーズのATとはまるで違いこの当時の水冷P等と比べても回転落ちがすこぶる速い面白いエンジンでした。

2004年の浅間山、この年の噴煙は大きいな
170916_asamayama2004_l

2004年は大きな噴火があり警戒が必要と思われた年。
この年から秋軽サイトにハザードマップが掲載されたのかな・・たぶん。

2005年、秋軽で雪化粧の浅間山は初めて
170916_asamayama2005_l

冠雪した浅間山は綺麗だったなぁ。
前日に激しい雨が降ったのでミーティング当日がとても心配だったけど夜が空けたらこの通り。
素敵な早朝ドライブができました。

2006年、この年は暖かかった気がします(笑)
170916_asamayama2006_l

2006年はプジョー206CCで参加したなぁ。
206CCは本当に素敵なクルマでした♪

2007年秋軽の浅間山は雲がかかっていました
170916_asamayama2007_l

この年から女神さま(VW EOS)でミーティングに参加。
2017年の今年も女神さまで参加の予定です。
これまででもっとも永い付き合いの愛車となりました。

2008年、噴煙が夕日に映える
170916_asamayama2008_l

2009年、写真左中央の雲に注目
170916_asamayama2009_l

この年は早朝ツーリングスタート地点のグルーンプラザ軽井沢は厚い霧に覆われており爽快な早朝ツーリングは無理かなと思いました。
しかし、標高が上がりパノララインに到達するとそこには綺麗な青空が!
さらに浅間山の脇に雲海が眺められました。
すごく嬉しかったな!

2010年、秋らしい雲下の浅間山
170916_asamayama2010_l

朝起きてグリーンプラザ軽井沢の部屋から撮影した浅間山は「あぁ秋の浅間だなぁ〜」と思わせる風景でした。

2011年、爽やかな早朝の浅間山
170916_asamayama2011_l

2012年、この年から朝ツーの休憩は愛妻の丘になりました
170916_asamayama2012_l

ここから眺める浅間山も好いですね。
愛を叫びたくなるのも解ります。(笑)

2014年、この年は鬼押出し園から撮影
170916_asamayama2014_l

雲はかかっていましたが紅葉も感じられるこの一枚を撮ることができてよかったかな。
ミーティング当日は秋軽には珍しく雨の開催でした。
ちなみに前年の2013年は前日から雨だったので写真はない・・。

2015年、すこぶる好天の秋軽でした
170916_asamayama2015_l

2016年は天気は悪くなかったのですが、何故か浅間山の写真はない。
何故だ!

今年はできるなら浅間山の写真を沢山撮ろうと思う。
もちろん雲が掛かっていなければなのだが・・・。
写真が撮れるかはまだ分からないが秋軽を存分に愉しめることだけは解っている。
今年もオープンカー好きの皆さんに会える事が何より嬉しい。
みなさん、軽井沢(嬬恋だけど・・)でお会いしましょう!

| | コメント (2)

2017年9月10日 (日)

2017.09.09 飛騨古川ツーリング&ポタリング

O.P.E.N.の9月定例ツーリングに参加して飛騨古川をショートポタリングしました。
このブログのカテゴリーはミーティングなのにポタリングとは?というツッコミはなしで。(汗)

この日も好き天候に恵まれました
Hidafurukawaibushi_l

日差しは強いけど空気は既に秋のものです。
オープンで走るには半袖の上着では寒いので薄いウインドブレーカーを羽織りオープンエアを愉しみます。

みなさん気持ち良さそうです
K90c_l

先月にも見た様な・・(笑)
K90b_l

ここを下ると間もなく飛騨古川に到着です
K90a_l

到着後は参加者それぞれが自由に街を散策するのとランチを頂くので自由時間が設けられています。
そこで、持参したフォールディングバイクで古川の街をポタリング。
ツーリングの下見に訪れた時にここは自転車があるととても良いと思ったのでそれを実行。
自由時間は限られているので前回訪れたところは割愛して街並を愛でることに専念。
とは言ってもお腹は減るので先ずは早めのランチ。

今回はここで飛騨牛カレーライスを頂きました
Ichinomachicafe1_l

店内は落ち着く造りです
Ichinomachicafe2_l

街の中を流れる宮川沿いをのんびり散策
Miyagawa_l

白壁土蔵街に戻り愛車を記念撮影
Shirakabe_l

ちなみにこの自転車の愛称はコナちゃんです。
この様な古い街並散策にはコンパクトな自転車は役に立ちますね。
今回もコナちゃん大活躍です。

やはり最後は地酒を購入
Hourai_l

下見時に買った巫女ラベルの純米酒が美味しかったので、それとひやおろしの2本を購入。
自由時間終了後は他の参加者と共に最終目的地である道の駅「パスカル清見」に向け出発。

せせらぎ街道をのんびりとパレード
170909seseragikaidou_l

到着後はO.P.E.N.会長からの挨拶で散会。
コーヒー味のアイス最中を食べた後、帰宅しました。
今回はツーリングにポタリングにと一日楽しめたな。
企画頂いた幹事様ありがとうございました。
ご一緒したみなさん、また一緒に遊んでくださいね。

| | コメント (2)

2017年9月 3日 (日)

2017.09.02 ブラウンスイスに会いに行く

テレビの旅番組を観ていたら山陰地方にブラウンスイスという日本では珍しい乳牛を飼育している牧場が紹介されていた。
その乳牛のミルクで作るチーズはとても美味しいとのこと。
食べてみたいなぁと思うが、ここから山陰に行くには少し遠い。
そこでネットで検索すると長野県にブラウンスイスを30頭程飼いチーズ造りをしている牧場があるではないか!
これは晩夏の高原ドライブを楽しみながら行くしかないね。

蕎麦の花畑はこの時期の長野ならでは
Kisouma1_l

牧場への途中、甘ーいトウモロコシを道の駅で購入し蕎麦の花観賞の寄り道をしつつ野麦峠を越える。

野麦峠の午前10半の気温は15.5度でした
Nomugitouge1_l

岐阜県側から野麦峠を長野県側に越え少し走ったところにその牧場はありました。

清水牧場のチーズ工房
Shimizubokujyou1_l

そしてブラウンスイスはここから1km程先の放牧地に
Shimizubokujyou2_l

クルマを牧場の入口に停め坂を歩いて行くと柵から300〜500mほど先に牛が草を食んでいるのが見えました。
近寄ると多少警戒心は見受けられますが、ほとんど気にせずムシャムシャ食んでいます。
羊も居るとのことでしたが、更に山の高い場所に居るみたいで見かけることはありませんでした。

これがブラウンスイス
Shimizubokujyou6_l

頭の髪がなんかカワイイです
Shimizubokujyou7_l

のどかですね〜
Shimizubokujyou8_l

チーズ工房ではもちろんチーズを買いましたよ。
残念ながらミルクとヨーグルトはパス。
次回の楽しみにとっておきました。

購入その1 クワルク
Shimizubokujyou3_l

購入その2 プティニュアージュ
Shimizubokujyou4_l

購入その3 ウオッシュタイプの山のチーズ
Shimizubokujyou5_l

チーズは持ち帰ったその日に頂きましたが、どれも美味しかった!
また、機会があれば行ってみたい。
その時は羊にも会ってみよう。
その為にはトレッキングシューズを持っていかないとね。
ドライビングシューズで牧草地を歩くのは厳しかった。(笑)

| | コメント (2)

« 2017年8月 | トップページ | 2017年10月 »