« 2019.04.06 三岐鉄道を巡る花見ドライブ | トップページ | 出張帰りに富山駅で飲むなら »

2019年5月 1日 (水)

2019.04.28-30 平成最後のツーリング

史上初の10連休ゴールデンウイーク、そして元号は平成から令和へ。
お出かけの計画はしていませんでしたが、やはり天気が良ければツーリングに行きたいな。
天気予報を確認すると連休の前半と後半が好天に恵まれそう。
どこか泊まれそうなところは・・と、宿泊予約サイトを見ると越後の上越市に価格も手頃なホテルを見つけた。
新潟県は良く整備されている地方道も多いので気持ち良く走ることができるだろうし、そこまでのアプローチも長野を経由すれば残雪の美しいアルプスも眺められる・・はず。
そいつはいいなぁ〜よし上越に行こう!

4月28日(日)AM05:00起床。
小一時間程で準備を整え出発。
先ずは信州の安曇野を目指す。
高速道路代を節約するために名古屋から高山経由で松本方面に走る。
高速は一宮木曽川ICから郡上八幡ICを利用したのみで残るは一般道を使用。
高山から松本に抜ける野麦峠付近が楽しいかなと思ったのですが、R158を走る限りでは面白くなくてガッカリです。
しかし、松本から安曇野へ向かう山麓線は雪を頂いた美しい蝶ヶ岳、常念岳を左手に眺めながら気分良くドライブ。
休憩にアルプス安曇野公園に寄ると。

ちょっと幻想的な虹が出てました
Alpusazuminopark_l

公園を後にしてイオスオーナーズサロンの春合宿で利用している貸別荘の脇を抜け大町方面を目指す。
途中で水田に写る山々と桜がとても素敵で思わず立ち止まり写真を撮りました。

桜と雪山ってなんか素敵です
Aapmatsukawa_l

この後は木崎湖、青木湖の湖畔道路を走り雪を間近に感じたいのと白馬岳を眺めたくて谷を挟んで白馬の東側にある小谷温泉に向かう。
流石にこの季節ともなれば路面に雪は無く問題なく小谷温泉に到着。

とても急峻な斜面にある温泉地でびっくり!
Otarionsen_l

ですが、温泉を楽しむでも無く白馬と愛車を撮影。

白馬岳に連なる山々と女神さま
Ngnk114_l

安曇野からここまで屋根を降ろしオープエアーを楽しんできましたが、流石に冷え込み肩が凝ってきたのでクローズドで日本海を目指す。
糸魚川から海岸に出て遅めの昼食を取りながら小休止。
曇り空だが風も穏やかで一眠りするには良い感じ。
目覚めてかは宿泊地の上越市に向かいつつ夕日が美しく撮影出来る場所を探す。
浜の間近も良いけど今回は小高い場所を見つけよう!
見つけたのは名立谷浜スマートICへのアプローチ道路とその周辺。

うっすらと夕方の光に変わってきた
Myoukousspnadati_l

海にも夕闇が近づいてくる
Myoukousspnadati2_l

そして雲の切れ間から夕日が顔を出す。
これ幸いにとカメラのシャッターを切る。
美しい夕日と愛車を同時に撮影。
このために小高い場所を選んだのだ。

海の向こう能登半島に沈む夕日と女神さま
Nadatitanihamaic2_l

日没時、能登半島のシルエットが美しい
Nadatitanihamaic_l

日も沈み撮影を終了して宿に向かう。
宿は上越高田駅の直ぐ側で飲食店も豊富にあるかと思いきやGWというより日曜だからなのか開店している店が少ない。
そんな中でビアバーを発見。
嬉しい事に地ビールをメインに取り扱っている様だ。
早速、カウンターに座り先ずはペールエールをぐいっと喉に流し込む。
人心地つきました♪

地ビール好きに嬉しいお店です
Orionday1_

お店を出た後に高田駅を撮影
Takadaeki_l

この日はかなり体力を使ったので早めに就寝。
明日は上越のワインディングロードを楽しむぞ。


4月29日(月)
早起きする必要も無いがこの日も何故かAM05:00に眼を覚ます。
昨晩早く寝過ぎたためだな。
幸いGW対応とのことで朝食をAM06:00から取る事ができた。
ちなみにバイキング形式の朝食はかなり満足出来るものだった。
朝からお腹いっぱいになるまで頂き1時間程度テレビを見た後にホテルを出発。
この日は東頸城山塊周辺の県道を中心にオープンエアードライブを楽しむのだ。
先ずはくびき野パノラマ街道を楽しもう♪
R292で飯山市方面に向かい途中からk455へと左折、上馬場にある郵便局を過ぎて少しするとくびき野パノラマ街道の入口だ。
ここは比較的分かり辛いので通り過ぎない様に注意が必要。
街道に入ると直ぐに目の前に妙高山が姿を現す。

今日は青空なので雪山が映えますね
Kubikinopanpramakaidou1_l

暫く山道を楽しむと眼下に高田平野が広がった。
街の向こうに海が広がりとても眺めが好い。

直江津港にある上越火力発電所も彼方にの望めます
Kubikinopanpramakaidou2_l

緩やかに下っている道を気持ち良く走り再び山中に入ると綺麗な田園が広がっていた。
カエルの合唱も聞こえ心和む一時を味わう。
こことは違うが東頸城丘陵には有名な棚田もありますね。

緑が広がる里山の風景が好きです
Kubikinopanpramakaidou3_l

この街道はその名に恥じないパノラミックな道でした。
この後はk198~k184~R405~k61~R235~k13~R403~R353
~k49~R405~R117~k408~R403と走る。
何れも走り甲斐のある好い道で特に県道は交通量もかなり少なく気持ち良く走ることができました。
R403は冬期通行止めの案内があったが走りたかったみゆきのラインとの接続場所までは通行可能だった。
はたして、みゆきのラインは東頸城山塊の東側中腹付近丘陵地を走るとても素敵な道でした。
特にこの季節に走るオープンカーにとっては最高ですね。

苗場山を背景にする女神さま
Miyukinoline1_l

眼前には東頸城山塊がなだらかに広がる
Miyukinoline2_l

途中、屋根を降ろしたオープンカー数台とすれ違いました。
みなさん、気持ち良さそうな顔をしていましたね。
気分良く走った後は東頸城山塊を降り妙高山の麓を通り上越市に戻る。
妙高の麓は地元の方には何気ない風景でしょうが、自分にとっては写真に切り取っておきたい景色が広がる場所。

戸隠連山と女神さま
Myoukouyashiro_l

戸隠連山と矢代川
Myoukounagamoribashi_l

上越市に戻ると春日山城址を観光。
春日山神社や城址を巡るのにそこそこ時間が必要でホテルに戻るのは夕方になりました。
部屋で一休みし今宵もビアバーに訪問です。
なんせ、昨夜飲みきれなかった地ビールが呼んでいるのだから。
今日もぐっすり寝られそうだ・・・花粉症のため鼻づまりで途中起きちゃうのだけどね。(笑)

ポーターとフィッシュ&チップス
Orionday2_

4月30日(火)
平成最後のこの日、朝から雨が降っている。
今日は富山県経由で五箇山、白川郷を通り帰宅予定。
できれば立山を望みながらお昼に海鮮でも頂きたいところだが生憎と立山は厚い雲の中。
そんな訳で早めに帰ろう。
それでも庄川にある水利施設を見ながら一般道で帰ることにする。

湯谷温泉近くにある小牧ダム
Komakidam_l

祖山ダムの発電所
Soyamahatsudensho_l

それにしてもR156はスノーシェッドが多いですね
R156snowshed_l

五箇山を過ぎ白川郷に入ると高速道路へのアプローチ道路のある交差点から集落方向に渋滞。
これは時間が無為に過ぎるだけだと判断して高速で帰る事を決断。
幸い高速道路のアプローチ道路までは200m程だったので、程なく高速道路上の人となり難なく帰路につけました。
しかし、その高速での帰り道はずっと雨・・白川郷までの小雨混じりの曇り空は思えばラッキーだったかも。
そんな事を感じながらも平成最後のツーリングは終了。
無事に帰宅出来た時に毎度思うのだけど・・今回もとても愉しかったな。

|

« 2019.04.06 三岐鉄道を巡る花見ドライブ | トップページ | 出張帰りに富山駅で飲むなら »

05 TOUR」カテゴリの記事

コメント

ヨイ!ツーリングでしたね。
走った後の地ビールさぞ美味しいことでしょう。

ワタシはGW前半はヤボ用が多く、出かけられませんでした。
今日から晴れて(笑)5連休です。
でも無計画でダラダラと過ごしてしまいそうです。
シバタクさんを見習わなくちゃ。(^^)/

投稿: 赤BORA | 2019年5月 2日 (木) 08時29分

赤BORAさん>
気持ち良い道をオープンで走った後のビールは最高でした♪
観光地は局地的な渋滞もあると思いますが、その間隙を縫って休日ドライブをお楽しみくださいね。
レポも楽しみにしています。(^^)

投稿: シバタク | 2019年5月 2日 (木) 14時27分

見るからに楽しそうなルートですね。
2日目に走られたあたりは、おそらくGWもどこ吹く風で混雑とは無縁だったのでは?

もう少しすれば、冬季閉鎖は全て解除されると思うので、そうしたら私も走りに行こうと思います。

投稿: ていしあ | 2019年5月 2日 (木) 20時58分

ていしあさん>
はい、楽しかったです。
それに仰る通り混雑とは無縁でした。
あの辺りは走りごたえのある道が多いですね。
それに眺望の良いルートも揃っているし!

投稿: シバタク | 2019年5月 3日 (金) 00時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 2019.04.06 三岐鉄道を巡る花見ドライブ | トップページ | 出張帰りに富山駅で飲むなら »