カテゴリー「07 CAR ETC.」の46件の記事

2017年6月17日 (土)

2017.06.17 空梅雨ドライブ

今年は梅雨入り宣言されてからほとんど雨が降りません。
良い事ではないけれど折角なので新緑を愛でようと飛騨のカントリーロードをドライブしました。
目指したのはほぼ2年ぶりの金山湖&岩屋ダム。
ルートは名古屋から高速道路を使い東海環状道の富加ICで降りてから下呂市方面を目指すお気に入りの道だ。
道の駅「平成」でお土産の野菜を購入し、そこからは屋根を降ろしてのオープンエアードライブ。
そこそこ気持ちの良いペースで走る事ができて満足。

岩屋ダムに到着
160617_kanayamako1_l

下流側を撮影
160617_kanayamako2_l

ダム遠景も撮影
160617_kanayamako3_l

ここからk431経由で馬瀬を通り清見にR257で向かうのですが、その間の農村風景には最高に癒されます。
本当に素敵で何度走っても飽きる事はないな。
清見からはせせらぎ街道(R472)を郡上八幡まで走りそこからは高速道路で帰宅。
今日走った山間気温は23度から25度くらいで暑くもなく寒くもない素晴らしく気持ちの好い風を感じる事ができた。
こんなに愉しいと梅雨本番になっても週末には空梅雨を願ってしまう・・・オープンカー乗りの戯言なので大目に見てやってください。

| | コメント (2)

2017年6月 3日 (土)

2017.05.28 下見ツーリングは楽しい

もう1週間前の事だけど、O.P.E.N.の6月定例ツーリングの下見に参加しました。
下見は定例ツーリングに比べ参加台数もかなり少なくタイムスケジュールもスタート時間は決まっているが、コースは途中変更もあるし意外とアバウトだ。
もちろん本番(定例TRG)に向けて交通状況を把握しての平均的速度走行や通過ポイント間の時間を確認する作業はスタッフには欠かせないのでスタッフ以外は間延びした時間を過ごすこともある。
それもあってか本番の様なタイムスケジュールに沿って走るのとは異なり気持ちはとてもリラックスできるのである。
本番では休憩しない場所やここは厳しいよなぁ〜って峡路でも走るのがまた面白い。
そんな訳でパレードが楽しい本番の定例ツーリングも良いですが下見ツーリングも好きです。
定例TRGに都合がつかないときは下見参加もアリですよ。

峡路も走りますが素敵な風景も堪能できます
Fukuik127_l

| | コメント (0)

2017年4月23日 (日)

2017.04.22 安曇野春合宿2017

イオスオーナーズサロンのメンバーと長野県は安曇野で合宿しました。
まあ、合宿と言ってもバーベーキューして飲み明かすってだけですが。(笑)
今年は例年より気温も低く桜はまだ散っておらずお花見を兼ねた合宿になりました。

気兼ねなく飲酒できるのが好いですね
Azumino20171_l

日も暮れてBBQは終了
Azumino20172_l

そして合宿所内で2次会♪
Azumino20173_l

| | コメント (2)

2017年2月25日 (土)

2017.02.25 久しぶりの箱根ドライブ

O.P.E.N.3月ツーリングの下見に同行しました。
久しぶりでしたが、やっぱり箱根は好いですね。
高速道路を降り最初に向かった先は三島スカイウォーク。

団体客が訪れる箱根の新名所です
Mishimaskywalk1_l

スリル満点の吊り橋ですが料金が1,000円しましたのでスルー。
渡らなくとも一目見たいと思うのですが、この施設の無料エリアからは全く見えない様に壁が設置されていました。
見ただけで渡らないという私の様な不埒な輩が多いのでしょう。(笑)

スカイウォークには広い駐車場があります
Mishimaskywalk2_l

ここでランチ(カレーライス)を頂き大観山のターンパイクスカイラウンジに向かいました。
流石、土曜日の昼過ぎなので駐車場は空いていましたね。
そしてコーヒータイム。
料金400円でお代わり自由ってのがグッドです。
暫し同行の皆さんと楽しく歓談。

残念ながら富士山は雲に隠れてました
Daikanzan_l

ここで下見は解散となり自分は帰路方向にある芦ノ湖スカイラインを気持ち良くドライブ。
何度走ってもこの道は好いですね。
景色も良いし回り込んで行く様な複合コーナーがなく適度なアップダウンもあり気持ち良いです。

やぎさんコーナー付近から眺めた駿河湾
Yagisancorner_l

三国峠から富士山を眺めますが・・やはり雲が
Mikunitouge_l

今日は春を思わせる日差しで暖かな一日でした。
空気はまだまだ冷たかったけど、尾根沿いを屋根を降ろして走る爽快感は最高♪
久しぶりの箱根ドライブに満足です。
ちなみに3月のO.P.E.N.ツーリングルートは箱根ではなく大井川沿いになりそうです。
箱根のマスツーリングルートはもう少し検討する必要がありますね。
いつか実現できると良いな。

| | コメント (4)

2017年1月14日 (土)

2017.01.14 マツダロードスターRFにプチ試乗

今日は朝から雪模様。
今シーズン最強の寒気が日本列島に来襲しているのだ。
だが、気温3℃くらいで日の高いうちは路面に雪が積もる事は無い。
山に近い郊外であれば積雪の危険もあるが幸い自分が住んでいるこの街ではその危険はない。
この様な日は試乗に出かけよう。
きっと人気のマツダロードスターRFも誰も試乗していないに違いない。
近所のマツダディーラーに足を運ぶと、やはり客は少なく簡単なアンケート後に直ぐ試乗出来た。

ん〜かっこいいですね
Roadsterrf_l

試乗したのはRSというビルシュタインダンパーを備えたグレードでオプションのBBSホイールとブレンボのキャリパー装着車、ミッションは6MT。
朝から降る雪は止む気配もないので、ルーフは閉じたまま試乗開始。
シートとミラーのポジションを調整しエンジンを始動。
エンジンは何のドラマもなく始動。
アクセルは踏まずアイドリングでクラッチをつなぐと以前に試乗した1.5Lエンジンよりも軽やかにスタートできた。
大きな通りに出て深くアクセルを踏み込むと2.0Lエンジンを主張する力強い加速を見せる。
ただし、回転上昇は1.5Lエンジンよりも落ち着いておりエンジン音と車速のシンクロ率は高いかな。
この2.0Lエンジンはマツダの歴代レシプロエンジンの系譜にあることを意識させるものでした。
ハンドリングは直線ばかりの試乗コースなのでよく判らなかったんだけどレーンチェンジ時のステアリングレスポンスも幌モデルより落ち着いている気がする。
あくまで気がするだけだが・・。(笑)
乗り心地は良くはないなぁ〜常に路面の凹凸に敏感に反応して落ち着きがない。
これはあきらかに幌モデルの方が印象が好かったな。
RSではないグレードはどうなのだろう?
機会があれば試乗してみたいです。
短い試乗コースでの時間はあっという間に終わりロードスターRFを降りて写真を数枚撮影。
さて、試乗後の印象はボディタイプの違いで確かに印象は変わるが、それはあくまでもロードスターのグレードの差異程度のものであるという事が解りました。
他車種との間にある大きな個性の違いはありません。
そして、やはり楽しいクルマだということを再認識。
個人的には幌よりRFを選ぶかな。
もし、RFのオーナーになったのなら足回りのスプリングレートを少し下げてリヤにバラスト追加かな。
ホイールはBBSじゃなく純正でちょい重めの方が上記足回り変更に好ましいかも。
最後に雪が舞うこの寒い日に試乗につき合って頂いたセールス氏に感謝です。

| | コメント (2)

2016年10月15日 (土)

2016.10.15 五箇山に豆腐を食べに行ってみた

一週間前から週間天気予報を見て、この日はきっと秋晴れだろうなぁと思っていたんです。
そしてその通りに綺麗な秋晴れ!
あまりの気持ち良さげな空気に誘われ富山県の五箇山まで豆腐を食べに行きました。
といっても突発ではなく少しだけ計画はしていたんです・・はい。
某SNSでご一緒頂ける方を募集したところ、喜ばしい事にお一人ご同行頂ける事に。
岐阜県郡上市の道の駅で待合せをして予定していた時間に2人2台でスタート。
雲一つない空の下、少しだけ色づき始めた山々を縫う様に走る山道の県道を快走!
ん〜気持ち好い♪外気温は8.5℃、首筋に冷たい空気が流れていくがシートヒーターの温もりが心地よい。
快調に走り御母衣ダム(ダムパーク)で小休止。

やっぱりロックフィルダムはカッコイイ
Oborodam_l

赤とんぼがいました
Akatombo_l

ダムパークを出発し白川郷をちらっと経由して五箇山に向かいます。
今回ご一緒頂いたのは綺麗な赤のマツダロードスター。

バックミラーに写る姿はとても軽やかで楽しそうです。

白川郷の集落手前で記念撮影
161015_shirakawagou_l

今回は白川郷はスルーして五箇山を目指します。
所々小休止しながら五箇山に到着。
駐車場代500円を支払い集落を散策です。

世界遺産の五箇山を初散策
Gokayama1_l

でも、その前にエネルギーを補給しなくては!
早起きしたし。
もうお昼だし。
お腹空いたし。

集落の中ほどにある「まつや」に入店
Gokayama2_l

五箇山豆腐の冷奴
Gokayama4_l

五箇山豆腐の天ぷら
Gokayama3_l

軒下のテーブル席で頂いた豆腐はどちらも美味い!
この硬さ!この舌触り!この味わい!あ〜酒が飲みたくなって来た。(爆)
そこはぐっと堪えて、もりそばを頂きました。
ここでお連れ様とはお別れ。
朝早くからお付合い頂きありがとうございました。
また、ご一緒してくださいね。

この後は金沢へ向かい大好きな日本酒を購入。
帰りは福井県の九頭竜湖畔を走ろうかと思いましたが金沢で思ったより時間を取られたのでおとなしく北陸道・名神と高速道路を乗り継いで帰宅。

いや〜今日は本当に気持ち良かったなぁ。
こーんな気持ち良い秋晴れの日があるからオープンカーはヤメラレナイ。

| | コメント (4)

2016年10月10日 (月)

2016.10.10 アバルト124スパイダーにちょっと乗りました

アバルト124スパイダーがデビューしたら試乗オフでもしましょうか・・などと宣ったのだが、その舌の根も乾かぬ・・いや、乾いたから? 一人でこっそり試乗しちゃいました。(爆)
ほんの少しだけの試乗なのでお許しあれ〜。

今回、試乗したのはカーナビとかレザーシートのパッケージオプションが付いたモデルでミッションは6MT。
排気音がチューニング?もしくは大きくなるオプションは装着されていません。

ボディカラーはパールホワイト
Abarth124sp1_l

幌のカラーは黒のみだそうで少し残念
Abarth124sp2_l

内装はマツダロードスターとほぼ同じですね。
なのでイタリア車ですがウインカーはステアリングポストの右にあります。
久しぶりにFRのクルマに乗ると足下が狭く感じるなぁ。
アクセルペダルはおもいっきり右の方にある。
ロングドライブでは左ハンドルの方が左足の自由度が大きく良い気もします。
そんなことを思いながらシートポジションを調整しエンジンをスタート!
走り出して直ぐに思ったのはマツダロードスターよりもシフトフィールが少し重く感じました。
また、速度が上がるにつれアバルトの方がリヤサスペンションに落ち着きがあり乗り心地が好いかも?などと助手席に座るセールス氏に素人感想を漏らしてみました。
期待したエンジンですが、レスポンスも凡庸でトルク感もあまり芳しくない感じが・・・そこで、スポーツモードに切り替えると先程までのネ・ム・イ・カンジが一蹴されレスポンスも良くトルクもグっと高まりすこぶる元気よくなりました。
エンジン回転が2000rpm以下でもアクセルを踏めば淀みなく加速します。
セールス氏に尋ねてみると、このクルマはスポーツモードが標準でノーマルはエコモードと捉えると違和感が少ないと返事が返ってきました。
短い試乗時間でしたが、その意見には同感です。
ノーマルモードはあきらかにエコカーで選択するエコモードそのものって感じですから。
ひょっとすると、このモード表示は今の欧州のエコ意識を反映しているのかな?あくまでもエコがノーマルなんですよ・・なんてね。
ちなみに排気音はモードに関わらず大差ないと思いました。
アバルト124スパイダー、試乗する際には必ずスポーツモードを使ってみてくださいね。

| | コメント (4)

2015年12月27日 (日)

2015.12.27 O.P.E.N.1月TRGの下見に同行

O.P.E.N.の1月TRG下見に同行しました。
それなりに寒かったけど、イオスの暖房能力はすこぶる高いので快適なオープンエアーツーリングができました。
集まった参加車は10台、下見なのに思ったよりも大所帯です。
集合場所の東海市から先ず目指すのは盛田味の館です。
盛田味の館はソニー創業者である故盛田昭夫氏が十五代当主を勤めていた醸造を体験出来る施設です。

盛田味の館に到着・・休みでした(T-T)
Moritaajinoyakata_l

盛田味の館は年末年始休業でしたので、ここの見学は諦めサクッと次の目的地である野間崎灯台に向かいました。

白い野間崎灯台、青い空そして寒いです
Nomatoudai_l

流石に灯台が建っている場所なので風が吹きさらしで寒いです。
なので、写真撮影を済ませたらやはりサクッと次の目的地である「えびせんべいの里」に向け出発!

知多半島広域農道をのんびり走ります
Chitanoudou1_l

えびせんべいの小袋詰め合わせを3袋買いました
Ebisennosato_l

えびせんべいの里で参加者のみなさんは試食しながらお好みの味を見つけ各々気に入ったせんべいを買求めていました。
ここでのんびり過ごした後は最終目的地の「半田運河 蔵の街」に向かいました。
前を行くS氏のVW EOSについて走ります。

やはり走るイオスの後姿は美しい
Shinsukesaneos_l

またまた農道をのんびり走ります
Chitanoudou2_l

半田運河 蔵の街に到着
Handaunga_l

半田運河に到着後解散となりました。
ここにはミツカンミュージアムもあるので暖かくなったら自転車でのポタリングも面白そうです。
お相手頂いたみなさん、ありがとうございました。
また、どこかでご一緒しましょう。
今年最後のツーリングも楽しかったな。

| | コメント (6)

2015年10月31日 (土)

2015.10.31 琵琶湖一周

某オープンカークラブの定例ツーリング下見に同行して琵琶湖を一周しました。

彦根からご一緒したのはコペンとZ3roadster
Biwako1_l

彦根から湖岸道路を走りラフォーレ琵琶湖を目指します。
ラフォーレではフルコースランチを頂きました。

満足度は結構高し
Biwako2_l

お昼からは地元の2台お二人が加わって湖西道路を快走。

琵琶湖周遊道路はサイクリストも数多く走っていますね
Biwako3_l

最後尾のとっても珍しい色のFIAT500もお仲間です
Biwako4_l

下見のフィニッシュはメタセコイア並木
Biwako5_l

実は今まで1日で琵琶湖を一周したことがなかったので嬉しかった♪
ツーリング本番もできれば参加したいな。

| | コメント (4)

2015年10月26日 (月)

2015.10.25 久しぶりの丹後半島を楽しむ

秋の行楽シーズン真っ只中、この週末も天気は良さそうだ。
10月24日土曜日に出掛けたかったが、前日に酒を飲み過ぎて寝坊した。(汗)
そんな事情で翌日25日の日曜日に日帰りツーリング!
目指したのは9年ぶりとなる丹後半島。
今月は能登や越前と日本海方面が続くが、このシーズンの日本海は美しいのでついつい足が向いてしまう。
この日、先ず向かったのは舞鶴市。

海上自衛隊の掃海艇「のとじま」と女神さま
Maizuru1_l_2

舞鶴の赤レンガ倉庫群も観たかったんです
Maizuru2_l

旧海軍鎮守府のお土産といえばこれですね
Maizuru3_l

シバタクはホルモンカレーを買ってみました。
未だ食していないのでお味は不明です。(爆)
訪れたこの日は「赤レンガフェスタ in 舞鶴」というイベントが開催されていて美味しそうなグルメ屋台やヒストリックカーの展示会があり、ここでけっこうな時間を費やしてしまいました。
さて、お土産と言えばこいつを忘れてはいけません。
そう、日本酒の地酒です。
大まかに調べると丹後半島の道中である由良に好さそうな酒蔵がありました。
舞鶴を出て由良に向かうと由良川に掛かる京都丹後鉄道の大きな橋梁が目に入りました。
キョロキョロと撮影に良さそうな場所を探しながらスローペースで走ると田んぼの畦道へのアプローチ道路を見つけたのでそこで撮影開始。

由良川橋梁を背景に自分好みの撮影ができました
Yurakawa_l

ひとしきり撮影に没頭し満足したので酒蔵に向かいます。(笑)
到着したのはハクレイ酒造。
この酒蔵は見学も出来る様で10人くらいの観光客が見学されていましたよ。

ここで純米吟醸の原酒を買求めました
Hakurei_l

酒蔵を出ると時刻は午前11時を少し過ぎたところ。
早起きした所為か先程からお腹の虫がうるさいのだ。

停車中の京都丹後鉄道車両を見つけ急いで撮影
Tangorw_l

ここから宮津市に着く頃には丁度正午くらいなので、ランチは宮津B級グルメのカレー焼きそばを頂くことに決定。

これがカレー焼きそば(ウエットタイプ)
Curryyakisoba1_l

お味は想像通りのものでした。
もちろん美味しく頂きましたよ。

定番らしいライス(小)追加
Curryyakisoba2_l

ライスはまぜまぜして頂くのがお約束らしい
Curryyakisoba3_l

ご馳走様でした。
お腹いっぱいで満足です。

この後は素晴らしい風景を求め快適な海沿いのワインディングロードをオープンエアードライブ♪
コース選択は宮津市から丹後半島の付け根を京丹後市に向かいそこから海岸沿いに宮津市に戻るというもの。
半島の山中を抜け海岸に出ると少々波が高いが美しい海と海岸線を眺め気分良く走る。
すると丹後松島付近で一際綺麗な海岸を見つけVWイオスのノーズを脇道に向け海へと続く小道へと走らせます。

いつまでも眺めていたい素敵な海に出会えました
Tangomatsushima1_l

丹後半島の海岸線を走る国道178号線は好い道ですね。
ただし、宮津市府中の天橋立付近から市街地までは混雑するので県道615号、2号でバイパスするのが吉かな。

海沿いの道は風景に劣らず魅力的
Tangokousaki_l

さて、来週はどこに行こうか。(^^)

| | コメント (10)

より以前の記事一覧