カテゴリー「07 CAR ETC.」の51件の記事

2018年5月27日 (日)

2018.05.28 梅雨の前に山岳ドライブ

五月も後半、梅雨入りも目前に迫ってきた。
今日は曇り空だがまずまずのオープンカー日和みたい。
いつもより早起きしてお山へ出発。
向かうは御嶽山、とは言っても登る訳ではなく周辺の山間道をドライブするのだ。
スタートは自分の定番コースである美濃から。
高速道路を使い富加ICまで走り、そこからはk58で北上し最近気に入っているk63〜美濃東部農道で金山湖〜下呂方面へ。
下呂からはR41で飛騨小坂を経由していよいよ山岳道路とも言えるk437へノーズを向ける。
k437を快適に走りk441に入ると本格的な峡道となった。
タイトなターンの連続と離合不可な道幅の場所もあり緊張感を伴うが新緑を楽しむには最適な道路だ。

緑が素晴らしく美しい
K441_l

時折、山菜採りらしい方の駐車車両に気をつけながら鬱蒼とした森を駆け抜けると眼前に御嶽山が姿を現した。

雪が残る御嶽山も良い感じ
Ontakek441b_ljpg

駐車して眺めると噴煙が上がっていた。
曇り空なのでこの写真では分かり辛いのが残念。
ここからは写真を撮るビューポイントを探りながらゆっくりと走り御嶽山の勇姿を堪能しました。

k435との分岐点、御嶽山は直ぐ目の前に
Ontakek441c_ljpg

k435は整備されている区間が多く峡路ほとんどなかった。
暫くすると御嶽山の北側に回り普段見ている姿とは違う景色に出会う事ができ好かったな。

継子岳が眼前に迫ります
K435d_l

k435を走りR361を目指すと開けた場所に出て御嶽山の北側にそびえる乗鞍岳が綺麗に眺められました。

晴天ならさらに素晴らしい眺めでしょうね
K435c_l

R361からk20に入り木曽福島方面に向かうとツーリングのモーターサイクルや観光ドライブであろう車と数多く対面しました。
それもその筈で、こちら御嶽山の東側は観光牧場やカフェ&レストラン、それと蕎麦屋が多いのだ。
今回、御嶽山へとアプローチした西側とは大違いです。
まあ、あんなに狭い道が延々続くところを好んで行くのは一部のマニア様だけですね。
シバタクも暫くは山岳峡路は走らなくても大丈夫です。(笑)
そんな事を思いつつ木曽福島に着きR19&高速道路で帰路へ。
この記事を書いている時にテレビの天気予報番組では九州地方が梅雨入りしたと告げていた。
東海地方も後一週間もすれば梅雨入りかな。
梅雨入り前の山岳ドライブ、オープンエアーもすこぶる楽しめたし好かったです。

| | コメント (2)

2018年5月 5日 (土)

2018.05.05 GWは早朝ドライブコース開発

今年はGWにドライブ旅行の予定もなく車遊びもしないまま過ごしたが、オープンカークラブ「O.P.E.N.」の下見ドライブの見送り序でに奥美濃を少しだけ走ると今までに知らなかった道を発見!
その日は午後に予定もあったので引き上げたのだが、どうにも気になって見つけた道を後日走って来ました。

けっこう新しい道の様です
Minotoubukouikinoudou2_l

途中には小さな集落がありました
Minotoubukouikinoudou3_l

この発見した道のお陰で早朝ドライブコースにレパートリーが増えました。
奥美濃と飛騨を巡り川沿いも走るので清涼感もあり好い感じです。
ループコースだし早朝に出掛けて昼までに戻るのに丁度良いな。
これは紅葉の季節に走るのが楽しみになってきました。

美濃東部広域農道
Minotoubukouikinoudou1_l

今回走ったルート:道の駅「平成」 > k58 > k63 > 美濃東部広域農道 > k86(道の駅「かれん」) > R41 > k58(飛騨街道) > 道の駅「平成」

| | コメント (0)

2017年12月 2日 (土)

2017.12.02 カーナビのバージョンアップついでにお散歩ドライブ

カーナビのバージョンアップを実行したら1時間30分必要とメッセージが!
それほどの時間をアイドリング状態で駐車させておくのはもったいない。
そんな訳でドライブに出かけました。
今日は快晴、日差しもあり暖かそう・・こんな日は冬の海を見に行こう!

渥美半島の海岸にやって来ました
171202shiomisaka3_l

遠くに伊良湖が望めます海の彼方に見えるは鳥羽かな
171202shiomisaka1_l

風もほとんどなく海も穏やかでした。
昼寝したい誘惑に抗い写真を撮ったら早々に帰宅。
とっくにバージョンアップは終わっているからね。(笑)

| | コメント (2)

2017年11月 3日 (金)

2017.11.03 紅葉の飛騨をドライブ

今年は台風の影響で10月の週末は雨の日が多かった。
そして11月に入り最初の休日である文化の日は晴天となりました。
これはドライブするしかないでしょう!
向かったのは岐阜の郡上八幡と高山を結ぶせせらぎ街道。
郡上までは早朝の高速道路を楽しんで一気に・・とはならず一宮JCT近辺で渋滞に捕まりました。
やはり3連休初日で快晴なので出かける方が多い様です。
少々時間をロスしましたが、郡上八幡ICを降りて道の駅明宝で小休憩。
ここからは屋根を降ろしてオープンエアードライブの始まりです。
郡上八幡ではそれほど色づいていない山が高山に近づくにつれ橙や黄、紅にどんどん変わってゆく。
ややスローペースで走りながら紅葉と爽やかな空気を堪能。
高山市街の手前で引き返し往路で気になったポイントで紅葉と愛車を撮影しました。
10月に走った軽井沢での雨の紅葉も綺麗でしたが、やはり晴天の紅葉ドライブは愉しいね。

里山付近は空が開けいて気持ち好いですね
171003seseragikaidou1_l

| | コメント (2)

2017年8月28日 (月)

2017.08.27 飛騨古川をプチ散歩

オープンカー好きな集まりであるO.P.E.N.の9月定例ツーリングの下見に同行して飛騨古川をプチ散策しました。
今回の下見に集まったのは4台6名で会長と幹事を含めたメンバー。
そして、なんと今回下見に集まったのは全て4シーターのオープンカー!

カブリオレの集い・・優雅です
Michinoekihidafurukawaibushi_l

集合場所の東海北陸道瓢ヶ岳PAでの集合はなんと朝8時・・眠いです。
そこからは先ず目指したのは荘川ICで降りた直ぐ側にある道の駅「桜の里 荘川」。
ここには温泉施設があるんですよ・・・残念ながらお湯を頂くゆとりはありませんが。(笑)
その代わりにと言ってはなんですが・・・

朝取れのピュアホワイトというトウモロコシをゲット
Purewhite_l

このトウモロコシ、生でも食べられると道の駅に持ち込まれた農家の方に教えて頂きましたが帰宅後に早速茹でて頂きました。
そして、その甘さに大満足!ただし、粒が小さなところは糖度が低く歯応えが今一つの様なので買求めるなら割高と感じても大きなものを選ぶのが吉だと思われます。
まぁ〜割高といっても2本で360円くらいですから。
ちなみにシバタクは3本で300円のを買いました。(爆)

ここからは飛騨古川を目指し山道を快走・・とまではいかないけど快適にオープンエアードライブ♪

なんたって気温23度ですから
307cc_l

この日着ていたTシャツでは少し肌寒いかと思いましたがイオスの車中は快適。
風のあしらい方が優秀なので、とても気持ち良く走る事ができました。
流石、風の神を生んだ暁の女神さま♪

今回、最も優雅でスポーティーなカブリオレ
Alpina_l

会長のゴルフカブリオも気持ちよさそう
Golfcab_l

気持ち良い道を堪能しているとやがて飛騨古川の街に到着。
ここは、映画の「君の名は」で聖地として最近有名になり観光客が増えている飛騨の古い街。
今まで通過することはあったけど立ち寄って散策した事は無かった。
今回は観光ポイント付近の市が提供する駅近の無料駐車場にクルマを停め街並散策。
初めて散策する古川はとても新鮮に感じ、ここに来て好かったなぁ〜と思いました。

面積は広くないですが整備された美しい街並保存地区
Hidafurukawa1_l

飛騨の街によく見られる水利用がここにも
Hidafurukawa2_l_2

大きくて綺麗な鯉も多く観られます
Hidafurukawa3_l

素敵なご婦人がこの街並には似合います
Hidafurukawa4_l

酒蔵があるので酒好きには堪りません
Hidafurukawa5_l

もちろん酒蔵で日本酒を購入。
酒蔵に訪問して入手しないなんてシバタクにはありえません!
ちなみに上記写真は白真弓で古川を代表する日本酒蔵の一つ。
今回買い求めたのは上記酒蔵とは別の蓬莱。
いえ、決して巫女の萌えキャララベルが気に入った訳ではありませんから・・。(汗)

蓬莱MIKOラベル、美味いです
Houraimikol

短い街並散策を終えて下見参加者は昼食場所へ移動。
今回は蕎麦屋さんに訪問しましたがワタクシは盛り蕎麦をオーダー。
もちろん蕎麦汁で頂きましたがテーブルにあった黒岩塩でも頂きました・・そして、これが美味い!
硫黄の香りがする黒岩塩と古川の蕎麦はけっこう合いますね。
新鮮な発見でした。

飛騨古川、けっこうお薦めです。
高山観光する際は是非、古川も訪れてください。
個人的には高山の酒よりも古川の酒が好きかも・・あくまでも個人の趣向です。

飛騨古川を後にして一行は最終目的地の道の駅「パスカル清見」に出発ですが、シバタクは手前の高山で離脱。
早々に帰宅してクルマを洗い入手した日本酒を堪能♪
飛騨古川、高山ではなくここに泊まるのもアリかなと思わせる素敵な街でした。
今回、お世話になった皆さんに感謝です。
ありがとうございました。

| | コメント (2)

2017年6月17日 (土)

2017.06.17 空梅雨ドライブ

今年は梅雨入り宣言されてからほとんど雨が降りません。
良い事ではないけれど折角なので新緑を愛でようと飛騨のカントリーロードをドライブしました。
目指したのはほぼ2年ぶりの金山湖&岩屋ダム。
ルートは名古屋から高速道路を使い東海環状道の富加ICで降りてから下呂市方面を目指すお気に入りの道だ。
道の駅「平成」でお土産の野菜を購入し、そこからは屋根を降ろしてのオープンエアードライブ。
そこそこ気持ちの良いペースで走る事ができて満足。

岩屋ダムに到着
160617_kanayamako1_l

下流側を撮影
160617_kanayamako2_l

ダム遠景も撮影
160617_kanayamako3_l

ここからk431経由で馬瀬を通り清見にR257で向かうのですが、その間の農村風景には最高に癒されます。
本当に素敵で何度走っても飽きる事はないな。
清見からはせせらぎ街道(R472)を郡上八幡まで走りそこからは高速道路で帰宅。
今日走った山間気温は23度から25度くらいで暑くもなく寒くもない素晴らしく気持ちの好い風を感じる事ができた。
こんなに愉しいと梅雨本番になっても週末には空梅雨を願ってしまう・・・オープンカー乗りの戯言なので大目に見てやってください。

| | コメント (2)

2017年6月 3日 (土)

2017.05.28 下見ツーリングは楽しい

もう1週間前の事だけど、O.P.E.N.の6月定例ツーリングの下見に参加しました。
下見は定例ツーリングに比べ参加台数もかなり少なくタイムスケジュールもスタート時間は決まっているが、コースは途中変更もあるし意外とアバウトだ。
もちろん本番(定例TRG)に向けて交通状況を把握しての平均的速度走行や通過ポイント間の時間を確認する作業はスタッフには欠かせないのでスタッフ以外は間延びした時間を過ごすこともある。
それもあってか本番の様なタイムスケジュールに沿って走るのとは異なり気持ちはとてもリラックスできるのである。
本番では休憩しない場所やここは厳しいよなぁ〜って峡路でも走るのがまた面白い。
そんな訳でパレードが楽しい本番の定例ツーリングも良いですが下見ツーリングも好きです。
定例TRGに都合がつかないときは下見参加もアリですよ。

峡路も走りますが素敵な風景も堪能できます
Fukuik127_l

| | コメント (0)

2017年4月23日 (日)

2017.04.22 安曇野春合宿2017

イオスオーナーズサロンのメンバーと長野県は安曇野で合宿しました。
まあ、合宿と言ってもバーベーキューして飲み明かすってだけですが。(笑)
今年は例年より気温も低く桜はまだ散っておらずお花見を兼ねた合宿になりました。

気兼ねなく飲酒できるのが好いですね
Azumino20171_l

日も暮れてBBQは終了
Azumino20172_l

そして合宿所内で2次会♪
Azumino20173_l

| | コメント (2)

2017年2月25日 (土)

2017.02.25 久しぶりの箱根ドライブ

O.P.E.N.3月ツーリングの下見に同行しました。
久しぶりでしたが、やっぱり箱根は好いですね。
高速道路を降り最初に向かった先は三島スカイウォーク。

団体客が訪れる箱根の新名所です
Mishimaskywalk1_l

スリル満点の吊り橋ですが料金が1,000円しましたのでスルー。
渡らなくとも一目見たいと思うのですが、この施設の無料エリアからは全く見えない様に壁が設置されていました。
見ただけで渡らないという私の様な不埒な輩が多いのでしょう。(笑)

スカイウォークには広い駐車場があります
Mishimaskywalk2_l

ここでランチ(カレーライス)を頂き大観山のターンパイクスカイラウンジに向かいました。
流石、土曜日の昼過ぎなので駐車場は空いていましたね。
そしてコーヒータイム。
料金400円でお代わり自由ってのがグッドです。
暫し同行の皆さんと楽しく歓談。

残念ながら富士山は雲に隠れてました
Daikanzan_l

ここで下見は解散となり自分は帰路方向にある芦ノ湖スカイラインを気持ち良くドライブ。
何度走ってもこの道は好いですね。
景色も良いし回り込んで行く様な複合コーナーがなく適度なアップダウンもあり気持ち良いです。

やぎさんコーナー付近から眺めた駿河湾
Yagisancorner_l

三国峠から富士山を眺めますが・・やはり雲が
Mikunitouge_l

今日は春を思わせる日差しで暖かな一日でした。
空気はまだまだ冷たかったけど、尾根沿いを屋根を降ろして走る爽快感は最高♪
久しぶりの箱根ドライブに満足です。
ちなみに3月のO.P.E.N.ツーリングルートは箱根ではなく大井川沿いになりそうです。
箱根のマスツーリングルートはもう少し検討する必要がありますね。
いつか実現できると良いな。

| | コメント (4)

2017年1月14日 (土)

2017.01.14 マツダロードスターRFにプチ試乗

今日は朝から雪模様。
今シーズン最強の寒気が日本列島に来襲しているのだ。
だが、気温3℃くらいで日の高いうちは路面に雪が積もる事は無い。
山に近い郊外であれば積雪の危険もあるが幸い自分が住んでいるこの街ではその危険はない。
この様な日は試乗に出かけよう。
きっと人気のマツダロードスターRFも誰も試乗していないに違いない。
近所のマツダディーラーに足を運ぶと、やはり客は少なく簡単なアンケート後に直ぐ試乗出来た。

ん〜かっこいいですね
Roadsterrf_l

試乗したのはRSというビルシュタインダンパーを備えたグレードでオプションのBBSホイールとブレンボのキャリパー装着車、ミッションは6MT。
朝から降る雪は止む気配もないので、ルーフは閉じたまま試乗開始。
シートとミラーのポジションを調整しエンジンを始動。
エンジンは何のドラマもなく始動。
アクセルは踏まずアイドリングでクラッチをつなぐと以前に試乗した1.5Lエンジンよりも軽やかにスタートできた。
大きな通りに出て深くアクセルを踏み込むと2.0Lエンジンを主張する力強い加速を見せる。
ただし、回転上昇は1.5Lエンジンよりも落ち着いておりエンジン音と車速のシンクロ率は高いかな。
この2.0Lエンジンはマツダの歴代レシプロエンジンの系譜にあることを意識させるものでした。
ハンドリングは直線ばかりの試乗コースなのでよく判らなかったんだけどレーンチェンジ時のステアリングレスポンスも幌モデルより落ち着いている気がする。
あくまで気がするだけだが・・。(笑)
乗り心地は良くはないなぁ〜常に路面の凹凸に敏感に反応して落ち着きがない。
これはあきらかに幌モデルの方が印象が好かったな。
RSではないグレードはどうなのだろう?
機会があれば試乗してみたいです。
短い試乗コースでの時間はあっという間に終わりロードスターRFを降りて写真を数枚撮影。
さて、試乗後の印象はボディタイプの違いで確かに印象は変わるが、それはあくまでもロードスターのグレードの差異程度のものであるという事が解りました。
他車種との間にある大きな個性の違いはありません。
そして、やはり楽しいクルマだということを再認識。
個人的には幌よりRFを選ぶかな。
もし、RFのオーナーになったのなら足回りのスプリングレートを少し下げてリヤにバラスト追加かな。
ホイールはBBSじゃなく純正でちょい重めの方が上記足回り変更に好ましいかも。
最後に雪が舞うこの寒い日に試乗につき合って頂いたセールス氏に感謝です。

| | コメント (2)

より以前の記事一覧